Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

誰もそれがこれほど長く続くとは思っていなかったと思います:クライヴ・メリーのウクライナ戦争

誰もそれがこれほど長く続くとは思っていなかったと思います:クライヴ・メリーのウクライナ戦争

c

Live Myrie は、ロシアによるウクライナ侵略から 1 周年を迎える記念日にウクライナにいることは「非現実的」であると述べ、「誰もそれが長く続くとは思っていないと思う」と語った。

58 歳のジャーナリスト兼司会者は、2022 年 2 月 24 日に戦争が勃発したとき、ウクライナの首都キエフのホテルの屋上から BBC ニュースに報告していました。

戦争で荒廃した国に戻った後、ミリはウクライナからPAニュースエージェンシーに次のように語った。

ウラジミール・プーチンは確かにそうしませんでした.彼はそれが一週間で終わると思っていました.彼は2年目に入ろうとしているので、明らかにそうではありません.

「一年前、普通のウクライナ人の目、行動、声に時折見た決意は、衰えることはなく、むしろより断固としている。

「そしてここには、侵略するロシア軍を撃退するという真の決意があり、普通のウクライナ人は(戦争前の)生活に戻ることができる」

昨年のキエフ滞在中、メリーと BBC の主任国際特派員、リース・ドゥーセは、報道がサイレンで中断された後、防弾チョッキを着用しなければなりませんでした。

メリーは、戦争初期の報道における自分の役割を振り返り、次のように述べています。

「あなたはいつも、ジャーナリストとして、また人間として、このようなことを正当化しようとします。これは一体何なのか?なぜそれが起こっているのか?」

メリーは続けて、「プーチンが宿題をしたという兆候はなく、彼がウクライナの人々を理解したという兆候もありませんでした.彼はウクライナの人々の兄弟の一人であると主張していますが、彼はこの場所を理解していません.彼は明らかに「決して」。

メリはまた、戦争が勃発して以来、その多くが避難を余儀なくされ、難民になっているウクライナの人々について彼が学んだことは、「本当にロケット科学ではない」とPAに語った.

「私は彼らが強いことを知っています。彼らが存在する権利を持っていると信じており、それが彼らが戦っていることを知っています。これが私が学んだことです」と彼は言いました。

彼は次のように付け加えた:「国が自国を守ろうとする場合、そしてもし国が自国を守ろうとするなら、より大きな勢力の影響範囲の一部にならないことを決定したことは明らかです.

「彼らには独自の文化があり、独自の感覚を持っているからです。それが私が学んだことです。誰もがこの戦争を通じて学んだことです」

興味深いことに、これはロシアの人々が学んだことであり、ウラジーミル・プーチンが学んだことです。

実際、率直に言って、あなたが学んだことは重要ではありません. それはプーチンが学んだことであり、彼は、自分には存在する権利があると考える人々に立ち向かおうとしていることを理解しています.

「そしてこれは、文化、習慣、そして自分が誰であるかという感覚を持ったすべての人々の権利であり、誇り高い人々であり、他の誰かの命令ではなく、あなたが望むように人生を送りたいと思っている国です. “

READ  スティーブバノンの軽蔑裁判は、削除されたシークレットサービスのテキストを受け取るための委員会として始まります