Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

調査によると、インドは景気後退に陥る見込みはありません。

ブルームバーグの最新のエコノミスト調査によると、価格の上昇が中央銀行に金利引き上げのペースを加速させるため、一部のアジア経済では景気後退のリスクが高まっています。

史上最悪の経済危機の真っ只中にあるスリランカは、来年の景気後退の可能性が85%で、前回の調査の33%から、この地域で群を抜いて最も高い増加となっています。 エコノミストはまた、ニュージーランド、台湾、オーストラリア、フィリピンで起こりうる景気後退の予測を、それぞれ33%、20%、20%、8%に引き上げました。 それらの場所の中央銀行はインフレを抑えるために金利を引き上げていました。

他の多くのアジア経済の景気後退の見通しは、調査でも変わりませんでした。 エコノミストは、中国が不況に陥る可能性が20%、韓国または日本が不況に陥る可能性が25%であると考えています。

アジア経済は、ヨーロッパや米国と比較して、概ね回復力を維持しています。

ムーディーズアナリティクスインクのアジア太平洋地域のチーフエコノミスト、スティーブンコクラン。

全体として、アジアの景気後退のリスクは約20〜25%であり、米国が景気後退に入る確率は約40%であり、ヨーロッパは50〜55%であると付け加えた。

ブルームバーグ経済モデルでは、米国の景気後退の可能性は、わずか数か月前の約0%から、今後12か月で38%になります。 このモデルには、住宅許可や消費者調査データから、10年と3か月の財務収益のギャップに至るまでのさまざまな要素が組み込まれています。

READ  三菱重工業はCOVIDからの回復を試みることで利益を上げます