Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

調査によると、日本の放送局の70%には女性幹部がいない。

日本の民間放送局の70%以上が、幹部職に女性がいないと述べている。労働組合の調査によると、マスメディア業界の男性優位のリーダーシップが強調されている。

3月に行われた日本企業放送労働組合の最初の調査によると、127の民間放送局のうち合計1,797人の幹部のうち、女性はわずか2.2%、つまり40人である。 フィールドでの女性の表現の増加。

「ビジネス放送局はこの現実に立ち向かい、ジェンダーバランスを改善しなければならない」と連邦の下でのビジネス放送女性会議は声明の中で述べ、そのような不平等はニュース報道と内容に影響を与えると付け加えた。

調査によると、東京と大阪の民間放送局11社のうち、ニュースなどの番組制作を担当する経営幹部は全員男性である。

これらの放送局の女性従業員の割合は、平均して約20%で、フジテレビネットワークが25.7%、日本テレビネットワークが15.8%を占めています。

日本政府は2003年に、2020年までに国の指導的地位の約30%を女性で埋めるという目標を設定しましたが、昨年末の政策見直しが失敗した後、「2020年までに」日付を延期しました。 目標を達成します。

世界経済フォーラムによると、日本は2021年のジェンダー格差ランキングで156カ国中120位にランクされており、主要先進国の最後です。

誤った情報と過剰な情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  EBayは日系アメリカ人の拷問キャンプで作成されたリストセールスアートを削除します