Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

調査の結果、日本企業はミャンマー軍事フンタと直接的なビジネス関係があることが判明しました。

共同通信の調査チームは最近、少なくとも10社の日本企業がミャンマー軍に所属する企業と直接取引関係にあるか、軍事フンタの収入源となる可能性のあるプロジェクトに参加していることを発見した。

調査結果は土曜日に発表されたが、日本政府と民間団体による資金調達と商取引がミャンマーの軍政による人権侵害を助長する可能性があるという懸念の中で、米国とヨーロッパ諸国での呼びかけが増加している。株主、評議会との関係を断ち切るために。軍。

これらの事業体には、国際協力銀行およびフジタコーポレーションが含まれます。 そして不動産マネージャー東京前提。

数十年にわたる軍事政権の後、2011年に文民政府に移行した後、約400社の日本企業がミャンマーに参入しました。

それ以来、日本の政府開発援助(ODA)が再開されたが、外国投資の制限により、企業は依然として国内企業との提携を求められており、多くは軍関係者と提携している。

例としては、ミャンマー醸造所とマンダレー醸造所の2つの合弁会社があり、国連が軍の上級メンバーによって所有されていると特定したミャンマー経済ホールディングスとのキリンホールディングスがあります。

パートナーの財務構造とガバナンスについて懸念が表明された後、キリンはレビューを実施し、プロジェクトからの配当を停止しました。 しかし、交渉は依然として課題に直面しているため、パートナーシップはまだ解消されていません。

別のケースでは、地元の合弁事業を通じて日本のコンソーシアムがヤンゴンでの再開発プロジェクトのために、年間2億円(184万ドル)以上の土地賃貸料をミャンマー国防省に支払った。

コンソーシアムには、日本運輸・都市開発海外インフラ投資法人、藤田、東京たてものが含まれます。

省と軍が効果的に統合されたことで、国際協力銀行、みずほ銀行、三井住友銀行が資金提供したプロジェクト資金を軍事活動に利用できるようになりました。

軍事博物館跡地に推定370億円で建設される再開発事業への参加は、軍による少数民族ロヒンギャへの迫害が発表された2017年から注目されている。 世界的に批判された。

2020年の家賃の支払いにもかかわらず、2021年以降の資金は現在「検討中」であると、この問題に詳しい情報筋は述べています。

藤田氏は、ミャンマー政府が最終的な受益者であることを認識していると述べたが、みずほと三井住友はコメントを控えた。

一方、横川橋建設株式会社と三井住友建設会社が共同で運営するバジョ川橋建設事業は、日本国際協力庁(JICA)の支援を受けて、軍事フンタ支援会社が下請けに出された。

横河ブリッジは陸軍中隊の下請けを認めたが、「人権を尊重する」と述べた。

佐竹株式会社軍事フンタと関係のあるミャンマーの会社で食品機械を製造すること。 リンクについて連絡を受けたとき、同社は状況を注意深く監視すると述べた。

日本の宝飾品会社Tasaki&Co。は、米国認定のパールミャンマー財団から真珠の栽培許可を受けた後、軍に生産の一部を提供してきました。 宝飾品会社はそれに応じて対応すると述べた。

軍が2月1日のクーデターでアウンサンスーチー指導者が率いる選出された政府を追放して以来、ミャンマーは反クーデター抗議の波を目にしており、治安部隊は彼らを抑圧し、数百人の民間人を殺害している。

調査は、ミャンマー軍と関係があるとして国連と国際人権団体によってリストされた日本企業を対象としました。

誤った情報と多くの情報の両方の時に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  観光客はスタッフなしで風光明媚な駅を訪れるために乗り込みます