Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

調査対象の主要な日本企業の97%が職場のCOVIDワクチンを計画しています

調査に回答した116の主要な日本企業の97%は、少なくとも200万人が関与する職場でのCOVID-19ワクチン接種を実施する予定であると述べました。

土曜日に発表された京都ニュースの世論調査では、59%の企業が予防接種当日以降に副作用が発生した場合に従業員に「予防接種休暇」の取得を許可することを計画またはすでに決定していることがわかりました。

日本のアカバ運輸大臣(Rから2番目)は、2021年6月14日に東京の羽田空港でGovt-19ワクチンを受け取っている日本航空の乗組員を見ています。 その同じ日、グループはスタッフのための予防接種プログラムを開始しました。 (京都)==京都

日本は毎日のCOVID-19ディスプレイのペースを加速し、若者の資格を拡大することを目指しているため、政府は今月初めに、企業や大学が月曜日から独自の予防接種プログラムを開始できるようにする計画を発表しました。

この調査には127の大企業が含まれ、そのうち116の企業が回答しました。 現在、1,000人以上の予防接種を計画している日本の企業の99.7%は中小規模であり、最大の課題の1つは予防接種の不均衡に対処することです。

予防接種を計画している112社の中には、丸紅の商社を所有する化粧品メーカーの志日堂と、労働者の家族を含む約15万人に予防接種を行うと発表した投資技術会社のソフトバンクグループが含まれる。

6月4日から16日までの調査では、39社がすでに発売日を設定しており、28社のカメラメーカーであるキヤノンと東海旅客鉄道が月曜日にプロジェクトを開始した。 回答企業の3分の1は、スケジュールが難しいと述べています。

場所については、72社が本社、47社が支社、24社が工場を選択し、複数の回答が認められました。

エレクトロニクスパートナーの東芝とスポーツウェアメーカーのアシックス社を含む69社が新しい休暇を開始していることが判明し、19社はワクチン接種後の副作用を懸念していると述べた。

飲料メーカーのSantoriHoldingsLtdは、近隣の医療会社と協力すると述べた。 大阪ケースは、同じ部署で働く従業員に異なる予防接種日を設定するとしている。

2月以来低迷していると批判されてきた日本のCOVID-19ワクチンのリリースは、政府が運営する大量ワクチン接種センターが空席を埋めるために18歳から64歳までの人々のためのワクチンを拡大しているため、最近勢いを増しています。

READ  日本は東芝のための政府支援基金消費者オファーを検討します:レポート