Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

調査:パンデミックの間、労働者はよりストレスを感じる

日本企業の調査によると、日本の労働者の半数以上が、コロナウイルスのパンデミックの結果として仕事関連のストレスが増大していると感じています。

人材育成会社「エン・ジャパン」が3月から5月にかけてオンライン調査を実施しました。 10,000人以上が回答しました。

彼らは、コロナウイルスの発生前と発生中に、仕事関連のストレスに変化があったかどうか尋ねられました。 彼らの54パーセントは彼らのストレスが増加したと言いました。

レストランで働くある回答者は、顧客数が減少しているため、最近はシフトが少なくなっていると述べました。

ある医療従事者は、受けているサービスに不満を感じ、不満を持っている患者が増えていると指摘しました。 別の回答者は、マスクを着用していない顧客と話すのはストレスが多いと述べました。

一方、ウェブやゲームのデザインに携わっている人の20%と、IT関連またはその他のエンジニアの14%は、仕事によるストレスが軽減されたと述べています。 彼らの多くは、リモートワークへの移行によるストレスの多い通勤を避けることができると述べました。

会社の関係者は、パンデミックがビジネスの世界を二極化していると言います—ストレスを感じる人もいれば、少ない人もいます。 求職者は今、より快適な職場環境を求めており、企業はこの需要を満たす必要があると彼らは言います。

READ  日本の看護師は、コビッド危機の中で東京オリンピックにボランティアを呼びかけることに怒りを表明します。 東京オリンピック2020