Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

調査:東京と他の4都道府県の約4.3%の人々がコロナウイルスに感染していました

日本での調査によると、3月の時点で、東京と他の4都道府県の住民の約4.3%がコロナウイルスに感染していました。
これは12月の2.5%から上昇しています。

保健省と国立感染症研究所は、コロナウイルスに対する抗体に感染した人の割合を推定するための調査を実施しました。

彼らはそのような調査を12月に実施し、感染の第6波が国を襲った2月と3月に別の調査を実施しました。 調査は、東京、大阪、宮城、愛知、福岡の各県で合計16,000人以上を対象に行われました。

研究者らは、感染によって引き起こされた抗体を持っている人と感染と診断された人の割合に基づいて、ウイルスに感染した人の割合を計算しました。

3月現在、東京が6.4%、大阪が6.1%、愛知が3.7%、福岡が3.3%、宮城が2.0%と続いている。

3月までに少なくとも1回はウイルスに感染した人の割合は4%でしたが、ワクチンを接種しなかった人の割合は10%でした。

米国疾病予防管理センターによる同様の分析によると、2月の時点で、米国の人口の60%近くがウイルスに感染しています。

日本保健省の専門委員会の委員長である高木脇田氏は、日本の感染率はかなり低いままであると述べた。

しかし、自然に感染する割合が少ないため、感染のリスクを減らすための緩和策により、ウイルスがより迅速に広がる可能性があると彼は警告した。

READ  20代の男性が京都の自宅でCOVID-19により、基礎疾患なしに死亡