Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

謎の病気が新年になっても続く中、日本の皇太子妃の健康が心配 – ロイヤル・セントラル

謎の病気が新年になっても続く中、日本の皇太子妃の健康が心配 – ロイヤル・セントラル

ブラジリア – 日伯外交関係樹立120周年記念式典の一環として、秋篠宮殿下と紀子妃殿下を代表してソリーニセッションを主宰するエドゥアルド・クーニャ氏(アントニオ・クルス/ブラジリア庁)

日本の皇室は、2024年に向けて順調なスタートを切っているわけではない。石川県でマグニチュード7.5の壊滅的な地震が発生し、5人の命が失われた東京の羽田空港での悲惨な飛行機事故の後、皇室は新年の公の場での公の場への出席を中止せざるを得なくなった。沿岸警備隊の隊員が被災地に援助物資を届ける予定。

それから1週間も経たないうちに、皇室は紀子皇太子妃が消化器系に関連するいくつかの健康上の問題に対処していることを示す声明を発表した。

声明では、将来の皇后候補が2023年末から体調不良を患っており、新年祝賀会への出席は医師の許可を得てから行ったことが明らかになった。

しかし、ここ数日症状が悪化してきたようで、1月7日の昭和天皇追悼式への参加は午前中の行事のみに縮小された。

佳子さまは、夜の部への出席と、佳子さまとともに開催予定だった1月8日の「第43回狂言謡コンサート」への出席を取りやめた。 彼女の娘が自ら婚約を遂行することになる。

プレスリリースはまた、紀子皇太子妃がコロナウイルスとインフルエンザの両方の検査を受け、いずれの検査も陰性だったことにも言及した。 したがって、医師はさらに詳細な検査を行うようアドバイスしており、今後数日間にわたって検査が行われる予定です。

一方、昭和天皇追悼式の午前の部に出席した後、医師らは彼女の状態を再評価し、翌日か二日は休むようアドバイスした。 皇室は検査結果が出た後にさらに公表するかどうかについては明らかにしなかった。

3度の妊娠によるいくつかの合併症を除けば、紀子皇太子妃はこれまでのところ非常に健康状態が良好であるため、今は彼女とその家族にとって困難な時期であるに違いない。

READ  過去40年間で、HIV / AIDSは少なくとも70万人のアメリカ人を殺しました。 COVID-19は2年間でさらに多くの人を殺しました。