Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

警察がフォト ギャラリーを襲撃し、「意識不明」の女性を救出 – インスタレーションであることが判明 | イギリスのニュース

警察はロンドンのアート ギャラリーのドアを壊し、テーブルに倒れていた意識不明の女性を救出しました。

彼らが救おうとしていた死んだ女性は、実はロンドン ギャラリーに展示されていた「クリスティーナ」という作品でした。

この作品は、Laz Emporium の元 Banksy エージェントでありディーラーであった Steve Lazarides によって依頼されました。

ラザリディス氏は次のように述べています。

「下に行くと、ドアの鍵が開いていて、混乱している警察官が 2 人いました!」

ロンドンのメトロポリタン警察は、11 月 25 日の夜、ギャラリーで「遭難者」の訴えに対応していました。

警察のスポークスパーソンは Artnet News に対し、「警察官はその住所に入ることを余儀なくされ、その人物が実際にはマネキンであることが判明した」と語った。

写真:
写真: ラズ エンポリアム

このインスタレーションは、スープの入ったボウルの中で黄色の顔を前かがみにしてスニーカーを履いた女性をフィーチャーし、長いブロンドの髪で顔を隠しています。

リアルな彫刻はアメリカ人アーティストのマーク・ジェンキンスによるもので、ラザリデス氏の妹をモデルにしています。

明らかに、ギャラリー ウィンドウへのピン留めが問題を引き起こしたのはこれが初めてではありません。 Artnet News は、女性を支援するために 10 月に救急隊員が呼ばれたと報じました。

READ  アニメ:日テレがネットフリックスと大型ライセンス契約