Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

警察がベルリンとアムステルダムの大学での親パレスチナ抗議活動を鎮圧抗議活動のニュース

警察がベルリンとアムステルダムの大学での親パレスチナ抗議活動を鎮圧抗議活動のニュース

米国の大学を震撼させた抗議活動が欧州全土に広がる中、警察は数百人の親パレスチナ活動家がベルリン自由大学の中庭を占拠した抗議活動を解散させた。

この動きは火曜日、活動家らがガザでのイスラエル戦争に抗議するために約20のテントを設置し、周囲に人間の鎖を作ったことを受けて行われた。

彼らのほとんどは医療用マスクで顔を覆い、頭にクーフィーヤを巻き、「パレスチナ万歳」などのスローガンを唱えていた。 警察は学生らにドイツの首都にある大学のキャンパスから立ち去るよう呼び掛けた。

警察が一部の学生を連行する様子も見られ、警察官とデモ参加者の間で乱闘も発生した。 当局は一部のデモ参加者に対して催涙スプレーを使用した。

アルジャジーラのドミニク・ケイン氏は、「国民の要求は非常に明確であり、基本的にはドイツが世界中の抗議運動に参加する時期が来たということだ」と述べた。

「彼らは、ガザで起きていると主張する大量虐殺の停止を要求している。 また、これらの抗議活動に参加する学生は、その参加を妨げられるべきではなく、学生としての地位を失うべきではないとも述べているが、これは抗議活動に参加した多くの学生が懸念していることだ。 シーン。

学校管理者らは声明で、デモ参加者がいかなる対話も拒否したため、警察にキャンパスから避難するよう求めたと述べた。

「この形式の抗議は対話を目的としたものではありません。 「FUベルリンキャンパスでの占拠は容認できない」と同大学学長ギュンター・ツィーグラー氏は述べた。 FUはフリーユニバーシティの略称です。 「私たちは学術的な対話を行う準備ができていますが、このような形ではありません。」

管理者らは、一部のデモ参加者が自由大学の部屋や講堂に侵入して占拠しようとしたと述べた。

親パレスチナ人のデモ参加者がベルリンフライ大学(FU)の中庭を抗議キャンプで占拠 [Annegret Hilse/Reuters]

アムステルダム収容所は解体された

火曜日初め、警察はアムステルダム大学で同様の親パレスチナ座り込みを解散させている最中に約140人の活動家を逮捕した。

アムステルダム警察は、抗議活動が暴力化した後、自分たちの行動は「秩序を回復するために必要だった」とソーシャルメディアで述べた。 負傷者の即時報告はなかった。

国営放送NOSが放送した現場のビデオには、警察が掘削機を使ってバリケードを破壊する様子や、警察官が警棒や盾を持って進入し、一部のデモ参加者を殴打したり、テントを破壊したりする様子が映されている。 NOS は、抗議者らが木製パレットと自転車でバリケードを築いたと報じた。

アムステルダムでの抗議活動は火曜日の午後早くまでに解散した後、警察は金属フェンスでその地域を封鎖した。 学生たちは近くの運河の岸辺に座っていた。

同校は声明で「イスラエルとハマスの戦争は個々の生徒や教職員に重大な影響を与えている」と述べた。 「私たちは戦争に対する怒りと混乱を共有しており、戦争に対する抗議活動があることも理解しています。 私たちは、この問題については大学内で対話することが唯一の解決策であることを強調します。」


他にどこ?

他のキャンプはここ数日、フィンランド、デンマーク、イタリア、スペイン、フランス、英国でも出現したが、これは明らかにアメリカのキャンパスでの抗議の波に触発されたものと思われる。

フィンランドでは、連帯団体「パレスチナのための学生」の数十人のデモ参加者がヘルシンキ大学本館の外にキャンプを張り、フィンランド最大の学術機関である同大学がイスラエルの大学との学術関係を断つまでそこに留まると述べた。

デンマークでは、学生たちがコペンハーゲン大学に親パレスチナキャンプを設置し、社会科学部のキャンパスの外にも約45のテントを設置した。 大学は学生が抗議することは可能だが、キャンパス内の規則を尊重するよう呼び掛けた。 X関係者らは「対立ではなく対話を求め、自分以外の視点を取り入れる余地を残すべきだ」と述べた。

活動家団体「占領に反対する学生」のメンバーらはフェイスブックページで、パレスチナ占領地におけるイスラエルの不法入植地での活動と関係のある企業から学校を売却することについて過去2年間、政権と協議しようとしてきたが失敗に終わったと述べた。 無駄に。

同団体は「具体的な行動につながらない慎重な対話にもはや満足することはできない」と述べた。

イタリアでは、西側諸国からの抗議にも関わらず、イスラエルがラファへの攻撃を準備している中、世界最古の大学の一つであるボローニャ大学の学生たちが週末にキャンプを設営し、ガザ戦争の終結を要求した。同盟者。 。 ローマとナポリでも学生グループが同様の抗議活動を組織したが、おおむね平和的に行われた。


スペインでは、数十人の学生がバレンシア大学のキャンパス内にある親パレスチナキャンプで1週間以上を過ごした。 月曜日にはバルセロナ大学とバスク大学でも同様のキャンプが開催された。 マドリードの公立大学生を代表するグループは、今後数日中に戦争に対する抗議活動を強化すると発表した。

金曜日、フランス警察は、パレスチナ人を支援するために集まった数十人の学生をパリ政治学院(通称サイエンス・ポー)の建物から平和的に連行した。

火曜日には、フランスのガブリエル・アタル首相やエマニュエル・マクロン大統領も卒業生に名を連ねるこの名門大学の学生たちが、警察が入り口に立つ中、妨げられずにキャンパスに入って試験を受ける姿が目撃された。

抗議活動は先週、リールやリヨンなどフランスの他の大学でも行われた。 マクロン大統領の事務所は、警察がフランスの大学23か所から学生を排除するよう要請を受けたと発表した。

READ  ウクライナ戦争:ロシアの攻撃激化で強制避難