Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

豊田の後継者が自動車メーカーの「モバイル企業」への変革を加速

豊田の後継者が自動車メーカーの「モバイル企業」への変革を加速

読売新聞
トヨタ自動車の社長。 豊田章男氏(右)は木曜日の生放送で、最高ブランド責任者の佐藤浩二氏が自動車業界の社長に就任することを明らかにした.

トヨタ自動車の新会長に佐藤浩二氏が就任。 自動車メーカーが「モビリティ企業」へと変貌するための重要なステップ。

トヨタは、同社のチーフ ブランド オフィサーである佐藤氏が、トヨタの創業者の子孫である豊田章男氏から 4 月に引き継ぐことを発表しました。 豊田氏は取締役会長に就任する。 53 歳の佐藤氏。彼は、トヨタのビジネスにおけるいくつかの大きな変化を導く責任があります。

12月中旬、豊田氏がタイ北東部ブリーラムのトラックを訪れ、同社の水素動力車を宣伝したとき、リーダーシップの交代計画が具体化した. 豊田は佐藤に「聞きたいことがある」と言ったという。 「あなたが大統領に就任するつもりですか?」

豊田氏によると、トヨタの内山田毅会長の辞任が差し迫っていたことがきっかけだったという。 豊田社長は社長就任を決意し、自動車業界全体を対象とした活動に注力することを決意。 彼は、高級トヨタのレクサスと GR スポーツカーのブランドを担当していた佐藤を、トヨタの指揮を執る彼の後任として選び出しました。

木曜日の経営陣の交代を発表するライブ放送で、豊田氏は、同社が「世界的な金融危機のために赤字に陥った」後、2009年に社長に指名されたと述べた. 豊田氏は「この13年間で、バトンを渡すための強固な基盤を築いたと思います。

最前線での経験

豊田氏によると、佐藤氏を社長に指名したのは、「トヨタの哲学、技術、慣行を受け入れる」ために尽力したからです。

新車開発の責任者だった佐藤は、豊田が言うところの「もっといいクルマづくり」の最前線に立った。

水素エンジン車の開発やモータースポーツの普及活動など、トヨタの顔としてメディアに取り上げられる。

豊田氏は、佐藤氏の後継者決定について、佐藤氏が社長就任時と同い年だったことも要因の一つだと述べた。 「彼には若い同僚や志を同じくする同僚がいます。私は次の世代が創造する未来を信じています。」

豊田氏は、日本の自動車産業を日本の競争力強化の中心に据えることを目的としたグループを結成し、トヨタの新しいリーダーシップチームを支援すると述べた。

日本自動車工業会の会長であり、経団連モビリティ委員会の共同委員長である豊田氏は、政府に対し、カーボン ニュートラルの実現に向けた道筋を示すよう強く求めました。

十一月には、豊田氏や経団連の十倉正和会長らが岸田文雄首相と会談し、脱炭素化への政府の支援強化などを求めた。

経済界では豊田氏の経団連総裁就任を求める声が高まっており、豊田氏の財界・財界での今後の動向が注目される。

あらゆる面での開発

トヨタは、2022年に3年連続で世界の新車販売をリードすると予想されています。 同社は今後、ハイブリッド車を含むあらゆる分野で開発を進める計画だが、欧州や米国などの自動車メーカーがリソースを集中している電気自動車を補う必要がある。 自動運転や車両の電動化などの次世代技術の開発を先延ばしにすることはできません。

豊田は、自動車を製造・販売する従来のビジネスモデルを変える緊急性を感じ、さまざまな業界で同盟を結ぶ取り組みを強化しました。

佐藤はトヨタを運送会社にする準備をしている。 「新しいチームは、より多くの量をより迅速に提供する必要があります」と佐藤氏は述べています。 「未来のモビリティに一歩近づけるように最善を尽くします。」

READ  トヨタをパートナーとして、マツダは米国市場の立ち上げを望んでいる