Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

貿易主導の回復の恩恵が高まったため、日本の輸出は10年で最も増加した。

日本の輸出は2010年4月以来最も伸びており、昨年の大流行で見られた急激な減少とのプラスの比較に支えられ、設備投資も増加し、貿易主導の回復への期待が高まった。

ロイターの調査によると、日本の製造業者の信頼感は5月に2年以上で最高レベルに達し、強い外需を背景にした期待も裏付けている。

コロナウイルスの世界的な閉鎖による世界貿易の減少が世界第3位の経済に大きな打撃を与えた昨年と比較して、輸出の改善は強化されました。

自動車や電子機器の世界的な需要は、チップの世界的な不足がここ数ヶ月の海外出荷を妨げているものの、米国と日本の主要市場である中国の経済の回復に牽引されて、昨年から回復しています。

木曜日に発表されたデータによると、4月の輸出はエコノミストが予想した30.9%の増加と比較して38.0%増加し、3月の16.1%の増加の後、2010年4月以来の最速の増加となった。

明治安田生命研究所の桑間雄一チーフエコノミストは、「貿易データは、輸出が着実に回復していることを確認した。特に、昨年大幅に減少した自動車輸出が回復している」と述べた。

「日本では、設備投資は外需と連動する傾向があるため、輸出の回復は機械の注文と設備投資を後押ししている」と語った。

仕向地別では、日本最大の貿易相手国である中国への輸出は、チップ製造装置、ハイブリッド車、銅スクラップの出荷に牽引され、4月に前年比33.9%増加した。

米国向けの輸出は、自動車、自動車部品、船舶用エンジンの需要を背景に、4月までの1年間で45.1%増加しました。

内閣府とは別のデータによると、今後6〜9か月の設備投資の指標となる変動性の高いデータ系列である日本の中核機械受注は、3月に前月から3.7%増加した。

データは、エコノミストのロイター世論調査の6.4%の増加と比較して、船舶と電気事業者を除くコア注文の増加を示しました。

内閣府は、ピックアップトラックが停止したと述べ、機械の注文の評価を維持した。

日本経済は第1四半期に再び低迷し、緊急規制が個人消費を妨げたため、エコノミストは今四半期の成長予測を大幅に修正しました。

(萩本哲史とダニエル・ルシンクが作成、サム・ホームズが編集)

READ  東南アジアにおける日本の財政的重要性を垣間見る