Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

資生堂、「変革計画」の一環として従業員1,500人に早期退職を募集

資生堂、「変革計画」の一環として従業員1,500人に早期退職を募集

資生堂は、新たな事業変革計画「ミライシフトニッポン2025」の一環として、社員の早期退職募集を実施する。


早期退職奨励制度は、一定の年齢と勤続期間を満たす日本の従業員約1,500名(全世界の従業員の約3.7%に相当)に提供される。


この行動は、日本の美容複合企業の「持続可能な成長の達成と収益性の向上」を目的とした全体的な使命の一環である。


資生堂は中国のパンデミック後の回復の遅れで大きな打撃を受けており、2023年の利益は40%近く減少し、営業利益は465億円から281億円に減少したと報告した。


資生堂は「新型コロナウイルス感染症以降、日本経済が回復し始めるにつれ、新たなキャリアの選択肢を検討する機会が増えている」と発表した。


「働き方やライフプランなどを見直しながら。


「このような背景を踏まえ、資生堂ジャパンは重要な改革を実施し、社外で新たな機会を模索している従業員をサポートしていきます。」


資生堂は、「資生堂ジャパンで培った経験やスキルを次のキャリアに活かしたい」従業員への再就職支援のほか、内容は明示されていない「付加給付」を追加する。


このプログラムへの応募は4月17日から5月8日まで受け付けられ、廃止予定日は9月30日となる。


資生堂の「未来シフトニッポン計画」の内容は?


「未来シフト日本」とは、大まかに訳すと「未来の日本」という意味だが、資生堂ジャパンの代表取締役社長兼最高執行責任者である藤原健太郎氏が着手した日本事業の構造改革である。


この計画は、持続可能な成長、収益性の高い基盤の構築、人的資本の変革という 3 つの主要な柱で構成されています。


資生堂は「売上原価、マーケティング投資、その他経費の効率化」により、今後2年間で約250億円のコスト削減を目指す。


また、同社の技術的優位性と研究開発能力を活用してブランドを「強化」すると同時に、新たな市場への開拓にも注力している。


NARS、Drunk Elephant、Anessa、Elixir はすべて同社のポートフォリオに含まれるほか、その名を冠したブランドである資生堂も含まれます。


同社は声明で「持続的な成長を達成するため、資生堂ジャパンは高い成長の可能性と収益性を備えたブランド、製品、タッチポイントに活動を集中させていく」と述べた。


「ブランド戦略とタッチポイントを強化する。」


中国とアジアの旅行小売業界が直面する課題の影響を受けている美容大手は資生堂だけではない。


エスティ ローダー カンパニーズ(ELC)は、財務再建計画を加速するため、3,100人近くの人員削減を検討している。


ELC には最大 7 億ドルのリストラ費用が発生する予定ですが、同社は長期的には収益の向上と諸経費の削減が見込まれています。


続きを読む:


READ  千のデジタル目が高齢者を監視し続ける場所