Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

路線論争のさなか、韓国のビジネスリーダーが日本の首相と会談

路線論争のさなか、韓国のビジネスリーダーが日本の首相と会談

前列中央の岸田文雄首相と前列左の金允日韓経済協会会長、前列右の日本の佐々木幹雄会長、そして新韓金融グループ会長を含む韓国経済代表団のメンバーらと並ぶ日本の岸田文雄首相ジン・オクドン氏、後列右、月曜日、東京の首相官邸にて。 EPA-聯合

作詞:パク・ジェヒョク

ネイバーによるインスタントメッセージングアプリ「ライン」からの売却の可能性を巡る政治論争が激化する中、韓国のビジネスリーダーらのグループが月曜、東京で日本の岸田文雄首相と会談し、両国間の二国間経済協力について話し合った。

韓日経済協会(KJE)によると、年次韓日経済人会議の開会式前日に経済界代表団が日本政府高官らを表敬訪問した。

同協会を率いる三養ホールディングスのキム・ユン会長は岸田氏のほか、韓国貿易協会韓日特別交流委員会委員長を務める暁星グループのチョ・ヒョンジュン会長、新韓金融グループのチン・オクドン会長らと会談した。 。 以前は日本で20年近く働いていました。

ビジネス代表団はまた、日本の斉藤健経済産業大臣および上川陽子外務大臣とも会談した。

両氏がソフトバンクとのLINE共同経営から韓国IT企業を排除しようとする日本政府の明らかな試みについて話したかどうかは依然として不明だ。

昨年11月にネイバーのクラウドサーバーが原因でLINEユーザーの個人情報が大量流出したことを受け、日本は3月、東京に本拠を置くメッセージアプリ運営会社LYコーポレーションに対し、ネイバーへの財政的依存を再考するよう要請した。 この要請を受けて、ネイバーとソフトバンクは、前者によるLY Corp.の株式売却に関する交渉を開始した。 後者を保持します。

韓国最大の経済団体である大韓商工会議所(KCCI)を率いるチ・テウォンSKグループ会長は、韓国経済界代表団と日本の首相との会談を欠席したが、韓国経済界代表団は開催期間中に基調講演を行う予定だった。会議。 カンファレンスの開会式。

会議の本会議は、「未来に向けた韓日二国間パートナーシップ」というタイトルで火曜日から水曜日まで開催される。

同センターはプレスリリースで「1965年の韓日国交正常化60周年を前に、両国のビジネスリーダーは二国間パートナーシップを強化する方法を模索するだろう」と述べた。

このイベントには、KJEとKCCIの会長のほか、日韓経済協会の佐々木幹雄会長ら両国のビジネスマン約300人が参加した。

同会議は1969年の第1回会合以来、新型コロナウイルス感染症のパンデミックや文在寅前政権下での外交関係悪化にも関わらず、一度も中断することなく、韓国と日本が交互に主催して毎年開催されている。

READ  コメント:日本はいつまで外国人に閉ざされ続けることができますか?