Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

身代金の支払い期限が切れるにつれてさらに多くの角川データが流出

身代金の支払い期限が切れるにつれてさらに多くの角川データが流出

先月大規模なサイバー攻撃を受けた日本の大手出版社、角川書店は7月2日、ハッカーグループが同社が保有するさらに多くの情報を漏洩したと発表した。

角川はこの問題を調査中だが、時間がかかるだろうと述べた。

同社は、団体「ブラックスーツ」が本日初め、情報源の特定が非常に難しい「ダークウェブ」での犯罪行為に関する声明へのリンクを追加したと発表した。

門川市では6月8日未明、大規模なシステム障害が発生した。

当局者らは、サーバー上のデータがランサムウェアによって暗号化され、同社のビジネスに影響を与えたと述べた。

サイバー犯罪グループは6月27日に声明を発表し、攻撃の背後にいると主張した。

翌日、カドカワは子会社ドアンゴの全従業員の個人情報や取引先との契約に関する情報が第三者に流出したことを確認した。

声明の中で、同グループは6月初旬にカドカワのネットワークに侵入し、1.5テラバイトのデータをダウンロードしたと主張した。

同グループは、盗まれたデータの公開を停止し、暗号化されたデータを回復する代わりに身代金の支払いを要求した。 同団体は、7月1日の期限までに支払いが行われなかった場合、すべてのデータを公開すると発表した。

READ  日本では金利上昇が金融市場の新時代を告げる