Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

軽石は来月伊豆諸島に漂流する可能性があります

ある研究によると、軽石は来月まで日本のビーチを洗い続ける可能性が高いとされています。

海洋研究開発機構によるシミュレーションでは、沖縄、奄美、太平洋の伊豆諸島などの南西部が浮き岩の影響を受けることが示されています。

月曜日に、エージェンシーは最近の衛星データを使用して、軽石の流れのシミュレーションの結果を発表しました。

8月の太平洋での水中火山噴火により、10月から沖縄に漂着し、目の前に大量の軽石が漂っていました。

軽石は今月、四季島や伊豆大島など、東京が管理する伊豆諸島にも届きました。 それらは黒潮によって運ばれました。

土曜日には、伊豆山脈の宮古島と神津島にも浮岩が漂流した。

シミュレーションによると、12月初旬には大量の軽石が東海に漂流する可能性があります。

沖縄と奄美地域では、いまだに深刻な状況です。 石は、刺激の最新の日付である少なくとも12月9日まで、海岸と周辺海域にとどまると予想されます。

同庁の主任研究員である美山徹氏は、一部の石は衛星で検出されなかったため、シミュレーションで示されたよりも多くの石がある可能性があると述べた。 石が伊豆諸島に接近し続けている可能性があるので、警戒が不可欠だと彼は言った。

READ  OPEC花火後、石油は3年ぶりの高値に近づく