Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

連邦準備制度理事会と中国のオミクロン事件が注目され、アジア株はほとんど下落した。

東京(AFP)-ウォール街で下落した後、火曜日にほとんどのアジア株は慎重な取引で下落した。

投資家は、特に第3の都市が住民を封鎖している中国で、コロナウイルスの症例数の増加に注目しています。 COVID-19の発生により、中国の自宅に限定された数は約2,000万人に増加しました。

このような混乱は、貿易やその他の活動に地域全体の影響を与える可能性があります。 トヨタなどの自動車メーカーをはじめとする大手企業は、予防接種などのコロナウイルス予防の取り組みが進む中、中国をはじめとするアジア諸国からの半導体チップなどの供給回収に期待を寄せています。 コロナウイルスのオミクロンタイプによる感染の最近の増加は、そのような希望を揺るがしました。

中国はまだCOVID-19の急増に苦しんでおり、2月の冬季オリンピックに先立ってウイルスの拡散を封じ込めるための制限措置が開始されています。 シンガポールのIGの市場ストラテジストであるYeapJun Rong氏は、言うにはまだ時期尚早かもしれませんが、サプライチェーンの混乱から私たちが注目しているリスクは、価格圧力やCOVIDフリーの中国アプローチの転換を悪化させる可能性があります。

日本の日経平均株価は0.9%下落して28222.48で取引を終えました。 韓国のKospiは1ポイント未満で2,927.38になりました。 オーストラリアのS&P / ASX 200は0.8%減の7,390.10でした。 香港のハンセン指数は0.5%下落して23624.11になり、上海総合指数は0.8%下落して3564.61になりました。

ウォール街のベンチマークは、インフレを下げることを目的とした他の動きの中でもとりわけ、連邦準備制度理事会が今年金利を引き上げることを見越して投資家が保有をシフトしたため、先週の売却後の月曜日に下落した。

高インフレはその犠牲を払う アメリカの家族については、火曜日の議会公聴会で行われた発言の中で、連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は、パウエルの2番目の4年間の任期の指名を認めた。

「高インフレには代償があることを私たちは知っている。特に、食料、住宅、輸送などの必需品の高額な費用を最も満たすことができない人々にとっては」とパウエル氏は準備された証言で述べた。

ウォール街では、大幅な売りがS&P 500を早い段階で2%下げましたが、午後遅くの買いの噴火により、ベンチマークは4,670.29でわずか0.1%下落しました。

ダウ工業株30種平均は0.5%下落して36,068.87になり、重いNasdaqは2.7%下落した後0.1%未満の上昇で、14942.83で取引を終えました。

ラッセル2000インデックスは、8.66ポイント(0.4%)下落して2,171.15になりました。

財務省の利回りの上昇が収まると同時に、売りは勢いを失い始めました。 10年間の財務省は一時的に1.84%に達し、午後遅くに1.76%に戻りました。 これは、金曜日の利回りが遅れた場所と一致します。

金利が高くなると、高価なテクノロジー企業やその他の高価な成長企業の株式は投資家にとって魅力的でなくなり、債券利回りが上昇するにつれてこのセクターは衰退しています。 テクノロジーセクターは1月まで市場で最大のウェイトであり、2020年10月以来の最悪の週を迎えています。

ビッグテック株は、そのサイズが非常に大きいため、S&P500に大きな影響を与えます。 今年に入って、テクノロジーセクターはS&P 500の29.2%を占めました。

より高い金利は、世界を席巻する高インフレを食い止めるのに役立つ可能性がありますが、2020年初頭以来多くの投資家にとって金融市場を「イージーモード」にした状況に終止符を打つでしょう。市場は現在、連邦政府のチャンスを設定しています短期金利を四半期ごとに引き上げる準備金少なくとも3月のある時点で約78%。 1か月前は約36%でした。

投資家は、経済および企業の収益レポートの忙しい週を楽しんでいます。

水曜日に、労働省は12月の消費者物価指数を発表します。 エージェンシーは木曜日の12月の生産者物価指数を通じてインフレがビジネスにどのように影響するかについての情報を投資家に発表します。

金曜日に、シティグループ、JPモルガンチェース、ウェルズファーゴが最新の四半期決算を発表します。

エネルギー取引では、米国原油の価格は、ニューヨーク商取引所での電子取引で59セント上昇して1バレル78.82ドルになりました。 それは月曜日に67セントを$ 78.90に諦めた。 国際的なベンチマークであるブレント原油は46セント上昇して1バレル81.33ドルになりました。

通貨取引では、米ドルが115.20円から115.22円に上昇した。 ユーロは1.1326ドルから1.1336ドルで取引されていました。

READ  COVID-19:バングラデシュは日本からアストラゼネカワクチンを781,000回追加接種