Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

連邦準備理事会の利上げ懸念が和らぐ中、日本株は海外からの巨額の資金流入を集めている

連邦準備理事会の利上げ懸念が和らぐ中、日本株は海外からの巨額の資金流入を集めている

米連邦準備理事会(FRB)が積極的な利上げを一時停止するのではないかとの期待のなか、堅調な企業収益と広範な世界市場の回復に支えられ、先週は外国人投資家が日本株の主な買い手となった。

日本の証券取引所のデータによると、11月10日までの週に海外投資家が1兆1200億円(74億ドル)相当の株式を買い越しており、週間としては6月16日までの週以来最大の買い越しとなった。

投資額は金融デリバティブを中心に約1兆400億円となり、これに現物株への783億円が加わりました。

年初から日本株は海外投資家から5兆9600億円の純流入を集めており、前年同期の4兆7000億円の純流出とは対照的だ。

木曜日、日本の日経平均株価は、前取引での急騰を受けて投資家が利益確定を選んだため、3日間の連勝に終止符を打ったほか、米国債利回りの反発も地合いの重しとなった。

一方、日本の投資家は先週海外株から730億円を引き出し、7週間ぶりに外国株の売り越しとなった。

(レポート:Patturaja Murugabupathi および Gaurav Dogra; 編集:Varun HK)

READ  メタバースは、日本の仕事の現場ですべてが起こる場所です