Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

過去70年間で111回の月探査ミッションのうち62回が成功:NASAデータベース

過去70年間で111回の月探査ミッションのうち62回が成功:NASAデータベース

NASAの月探査データベースによると、過去70年間に行われた111回の月探査のうち、62回が成功、41回が失敗、8回が部分的に成功した。

インドは7月14日、地球唯一の天然衛星の表面に着陸することを目的として、3回目の月探査ミッション「チャンドラヤーン3号」を打ち上げた。 上陸が成功すれば、インドは米国、中国、ソ連に次いでこの稀有な偉業を達成した4番目の国となる。

こちらもお読みください: チャンドラヤーン 3 号打ち上げニュース | ISROは月の理解を深めるために8月23日に軟着陸、RAMBHA、ILSAのペイロードを計画

インド宇宙研究機関(ISRO)によると、チャンドラヤーン2号が達成できなかった技術的に困難な月面への軟着陸は、8月23日午後5時47分に予定されていた。

ISROの元長官G・マダヴァン・ナイル氏は、ロケットがいつ地球の重力場を離れるかが不確実であるため、月面ミッションの成功率はほぼ50%であると述べた。

「太陽から他の惑星への影響は非常にわずかです。宇宙には多くの放射線条件があり、そのため一部の機器やコンポーネントは故障しやすくなっています。インドの両方のミッション(チャンドラヤーン1号と2号)で、私たちは正確に到達しました。月の軌道です」とナイル氏は語った。 PTI 金曜日。

1958 年から 2023 年にかけて、インド、米国、ソ連 (現ロシア)、日本、欧州連合、中国、イスラエルは、周回船、着陸船、探査機 (月周回、月面着陸) に至るまで、さまざまな月探査ミッションを開始しました。 、月面を飛行する)というデータによると。

最初の月へのミッションであるパイオニア 0 号は、1958 年 8 月 17 日に米国によって打ち上げられましたが、失敗に終わりました。 同年にはさらに6回のミッションがソ連と米国によって打ち上げられたが、いずれも失敗した。

1959 年 1 月 2 日にソ連が打ち上げたルナ 1 号は部分的に成功しました。 これは初めての「月面飛行」ミッションでもあった。

1964年7月に米国によって打ち上げられたレンジャー7号ミッションは、初めて月のクローズアップ写真を撮影した。

月面への最初の軟着陸と月面の最初の画像は、1966 年 1 月にソ連が打ち上げたルナ 9 号によってもたらされました。5 か月後の 1966 年 5 月に、米国はサーベイヤーと呼ばれる同様のミッションの打ち上げに成功しました。 -1。

1969 年 7 月のアポロ 11 号のミッションは、人類が初めて月面に足を踏み入れた歴史的な遠征でした。 3人体制のミッションはニール・アームストロングが率いていた。

1958 年から 1979 年まで、米国とソ連だけが月探査を開始しました。 この21年間で、両国はそのような宇宙ミッションを90回打ち上げた。

その後の 10 年間は、1980 年から 1989 年まで月への旅行が行われず、小康状態が続きました。日本、欧州連合、中国、インド、イスラエルは後進国でした。

日本は 1990 年 1 月に周回衛星「飛天」を打ち上げました。これは日本初の月への探査でもありました。 その後、2007 年 9 月に、日本は別の軌道ミッションである Selene を打ち上げました。

2000 年から 2009 年にかけて、ヨーロッパ (Smart-1)、日本 (Selene)、中国 (嫦娥 1 号)、インド (チャンドラヤーン 1 号)、米国 (LCCROSS) の 6 つの月探査ミッションが行われました。

1990年以来、米国、日本、インド、欧州連合、中国、イスラエルは共同で21回の月探査計画を開始した。

こちらは購読者限定の特集記事です。 毎月 250 以上のプレミアム記事を読むには

無料記事の制限を使い果たしました。 質の高いジャーナリズムをサポートしてください。

無料記事の制限を使い果たしました。 質の高いジャーナリズムをサポートしてください。

これが最後の無料記事です。

READ  パスキーは決して Apple 専用ではありませんが、混乱は理解できます