Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

野中瀬田が富士戦で日本のフォーミュラ4チャンピオンを獲得

写真:日本のF4

野中瀬田は、トヨタの若きチームメイトである荒川凛を破り、富士モーターサイクルレースシーズンの終わりに日本のフォーミュラ4タイトルを獲得した。

野中は、今シーズン唯一の非ルーキードライバーである伊藤レミーに予選で敗れたものの、第1レースで荒川のポイントリードを削った。

伊藤は土曜日のレースからラップを少し超えたところでリードし、野中を一掃して1.4秒のギャップを開いた。

伊藤は時々閉まることができ、1.488秒遅れてフィニッシュした。 荒川は3位で2.719秒遅れ、リードを3ポイントに落とした。

シンバラコタロウ(TOM’S)は4位につけたが、スタートでジャンプして止まり、17位に落ち、12位にリバウンドし、車の信号を無視して黒旗を獲得した。

木村伊織は奥住智義に先んじて4位でフィニッシュし、岩沢豊は6位で小出ソンを抜いたが、10秒のペナルティで9位となった。

伊藤は2位でタイトル争いを果たせず、格之進太田の希望は小川曽田のスピンによるオープニングラップアクシデントで終わり、すぐにリタイアとなった。

伊藤は第2レースから素晴らしいスタートを切り、第1ターンは荒川と野中が並んで歩いた。 木村はターン2で3ネットを作り、2番目にひったくり、小出も荒川を通過した。

その後、ドラゴンの退出後にセーフティカーが呼び出されました。 野中がチャンピオンシップをリードしています。 後半の初めに、エトオは再び飛び去ったが、メーカーの後輩は4回取り残された。

荒川は内側でブレーキをかけるのが遅すぎて5位から2位に入ることができなかったが、その後の野中の戦いからいくつかのコーナーがあった。 フォーメーションサイクルで大阪八郎がスローダウンして青山正義に激突した際、セーフティカーナンバープレートが表示される前に再び4台のバトルが結成された。

レースは14周目の8周目に再開され、エトオはピットのすぐ下にありました。 荒川はさらに右に進み、再びブレーキを遅らせるために突進した。 二人とも深く入り込み、伊藤は木村と同様に野中に少し遅れをとった。

木村は次のラップで伊藤をパスし、小出もパスした。野中は荒川を追いかけた。 何度か試みた後、彼は最後から2番目のラップのターン1でブレーキをかけながら彼を追い越し、チャンピオンシップのトップに戻った。

遅いブレーキングはホンダジュニアもそれに戻った。 伊藤はダッシュし、太田木村を3位で追い抜いたが、野中はレースとタイトルを勝ち取った。

結果レポート
レース1(14周)
1瀬田野中TGR-DCRS 24m 41.512sec
2伊藤玲明OTGモータースポーツ+1.488秒
3荒川凛TGR-DCRS +4.207秒
4木村伊織HFDP + 4.849秒
5奥住傑TGR-DCRS + 6.037s
6小出俊HFDP + 6.974秒
7清水英次郎TGR-DCRS +8.550秒
8松沢亮介ヘルムモータースポーツ+13.074秒
9岩沢雄吾バイオニックジャックレーシング+16.642秒
10源藤宮下サアクセスレーシング+24.234秒
ポール:これ、1分45.111秒
ファステストラップ:野中、1分45.207秒

レース2(14周)
1野中30分15.816秒
2荒川+0.675秒
3木村+2.386秒
4格之進太田HFDP + 2.492秒
5奥住+ 3.866s
6これ+4.552秒
7小川宗太スキルスピード+4.650秒
8ポンド+4.750秒
9新原幸太郎TOM’S + 4.910s
10本島誠也サスアクセスレーシング+7.591秒
Q:これ、1分45.199秒
FL:

トーナメントの順位
1 野中217 2 荒川213 3 木村191 4 ITO 160 5 太田150 6 124 7 奥住99 8 清水68 9 元島60 10 小川52

READ  全仏オープン 2021: パリのファンが午後11時の門限を発表した後、ノバク・ジョコビッチが勝利