Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

野口日銀「日本はまだ高い賃金インフレを達成していない」

野口日銀「日本はまだ高い賃金インフレを達成していない」

[東京(ロイター)] – 日本は賃金上昇による物価上昇をまだ達成しておらず、最近コスト要因によってインフレが上昇しており、超緩和的な金融政策から撤退するには時期尚早であることを示唆していると、日銀理事の野口旭氏は述べた。土曜日。 。

日銀のウェブサイトに掲載された講演文によると、野口氏は「世界的な高インフレの影響が日本経済に及んでいるのは事実で、消費者インフレ率は2022年春以降、日銀の目標である2%を超えている」と述べた。 。

同氏は、米国や欧州で見られる賃金主導の物価上昇とは対照的に、「(インフレの)上昇は主に輸入価格の上昇に伴うコスト要因によるものだ」と付け加えた。

野口氏は「2%のインフレ目標を達成するには、持続可能な賃金上昇に支えられた物価上昇が見られなければならない」と述べた。

同氏は「今年の春季賃金交渉は30年ぶりの賃上げを達成したが、目標達成の可能性が見えてきた段階に来たばかりだ」と述べた。

インフレ率が日銀の目標である2%を1年以上上回っており、市場では日銀が来年超緩和金融政策を終了するとの期待が高まっている。

上田和夫総裁を含む日銀当局者は、恒久的な賃金上昇に支えられ、持続可能な2%のインフレが達成できるまで超緩和政策を維持する必要性を繰り返し強調してきた。

READ  プラグアンドプレイジャパンは、大阪と東京で3番目のスマートシティ加速プログラムを開始しました