Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

野村氏、『ファイナルファンタジー7 リバース』では死は騙されないと約束

野村氏、『ファイナルファンタジー7 リバース』では死は騙されないと約束

有名な話ですが、数十年前のネタバレには触れませんが、1997 年の古典的なファイナルファンタジー VII では、パーティーの主要メンバーの 1 人が暴力的で衝撃的な展開でゲーム中に死亡します。 これは、2 月に PS5 で発売予定の野心的な『ファイナルファンタジー VII リバース』で生まれ変わるゲームの拡張版です。 しかし、前回のリメイクが私たちに何かを教えてくれたとすれば、今回はすべての賭けが外れ、新旧のプレイヤーが等しく暗闇に置かれているということです。

野村哲也監督も待つのを楽にしてくれません。 Game Informer の表紙公開に続き、伝説のデザイナーが同アウトレットのインタビューに応じ、この巨大企業がどれほど大きいかを学びました。 彼もそれに参加した Jinki_JPN on Twitter (感謝するため ザゲーマー)、会話は最終的に病気の話になり、野村は、運命には残念ながら依然として犠牲が必要であることを明らかにしました。

「喪失というものは予期せず起こるものだと思います。それは劇的なものや長いものではありませんが、今話していた人が突然いなくなり、二度と戻ってこないものです。亡くなった人がその称号を持って戻ってくるべきではないと思います。それが私たちが最初にやったことです。」

READ  日本は労働力不足に対処するために新技術に注目している