Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

野球-若い投手が日本を最初の金メダルに

東京2020オリンピック-野球-男子チーム-メダルセレモニー-横浜野球スタジアム、横浜、2021年8月7日。金メダルを獲得した日本の舞台を日本の旗で祝う。 セレクター/ジョージシルバ

横浜、日本8月7日(日本プロ野球)若い投手が日本を2-0で下し、史上最大の試合で初のオリンピック金メダルを獲得した。

稲葉篤紀を支配するコーチは、リストに有名な名前があるにもかかわらず、誰もが信頼するようになった人々を信じていました。

「彼らはゲームの地獄を始めた」とアメリカの3番目のペースマンであるトッド・フレイジャーは言った。 「彼らは始球式を迎えました。それは私たちがプレートに乗った日ではありませんでした。それ以外の選択肢はありませんでした。言い訳はできません。」

北京が2008年に4位で終わった以上に、日本はオリンピックで最後に野球に出場した若いピッチ隊との試合に参加しました。

昨年のNPBで今年最新の選手である森下正道さん(23)が試合を開始し、日本のために5得点のノンストップイニングを作った。 投手に勝った彼は、3勝しか許さず、5得点を挙げました。

元ニューヨーク・ヤンキースのスター、田中将大(32)とかつて支配されていたNPB山崎靖(28)は日本のピッチスタッフの一人です。

ミッドキャリア投手ゴウダセンガ(28)と岩崎スクル(30)はそれぞれヒットレスイニングを放ち、別のルーキーであるイドヒロミ(23)は2勝を挙げたが、イニングでランはなかった。

牧草地は彼の後ろに兵士がいたことを知って安心しました。

栗林良樹さん(25)は1年目、9回に勝利して試合を救った。 日本の投手は合計で8回の三振を行い、150ランを投げて米国のラインを閉じた。

広島東洋カープの近くにいる栗林は、5月に14試合無得点を記録し、最終的には22試合にまで拡大した。

「他にも良い投手がいたので、試合を終わらせるに値するのだろうか」とクリパヤシは語った。 「しかし、私はゲームを保存できるように選ばれました。」

彼らの背後にいる野手は間違いない。 右翼手鈴木瀬也は、新愛国党のチームメイトである森下と栗林について、「彼らは素晴らしいと思う」と語った。 「彼らはマウンドでとても寒かった。」

日本の稲葉篤紀監督は、「すべての投手はランを許さないように固く決心し、野手は非常に堅実な守備を提供した」と語った。 「決意を持って遊んで勝ちました。」

米国は6チームで、韓国に次ぐ16試合で試合を終え、日本と引き分けて、許可された最小のランを獲得しました。

アメリカは6試合、日本は5試合をしました。 日本はより多くのストライキとより少ない行進と勝利を許しました。

藤田淳子とパレシュ・デイブによる報告。 ケン・フェリスによる編集

私たちの基準: トムソンロイター財団の方針。

READ  日本の知事は適切なCOVID-19ワクチンの供給を要求します