Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

金利と景気後退への懸念から世界の株式市場は下落

金利と景気後退への懸念から世界の株式市場は下落

東京 (AFP) – 将来の利上げに対する悲観論が広まり、夏の終わりにウォール街が引き続き下落したため、ほとんどの世界の株式が水曜日に下落した.

フランスのCAC 40は序盤の取引で0.2%安の6090.07、ドイツのDAXは0.3%安の12832.11。 英国の FTSE 100 は 08% 下落して 7,242.88 ポイントになりました。 ダウ先物は 0.1% 未満上昇して 31174.00 となり、米国株はほとんど変化しませんでした。 S&P 500 先物は 0.1% 上昇して 31171.00 になりました。

株価は東京、シドニー、韓国、香港で下落したが、上海ではほとんど変化がなかった。 原油価格が下落する中、日本円は対ドルで144円前後まで下落を続けました。

アクティブトレードのアンダーソン・アルベス氏は、「主要な中央銀行の決定を前に、市場のムードは守勢だ。

彼は、エネルギー価格の上昇により、世界の一部の地域で景気後退への懸念が高まっていると述べた。

日本では、政府が支援を必要としている家族に 5 万円 (350 ドル) を提供して、日々のニーズとエネルギー価格を満たし、未開発の経済を後押しすることも目的としています。

明らかに、このインフレ危機の真の解決策は、エネルギーやその他の主要商品の供給側にあります。 しかし、これは実際にはインフレ目標から一歩離れ、以前のマクロの安定性に戻ることになります」と RaboResearch は述べています。

日本の日経 225 指数は 0.7% 下落して 27430.30 で取引を終えました。 オーストラリアの S&P/ASX 200 は 1.4% 下落して 6,729.30 となった。 韓国の Kospi は 1.4% 下落して 2,376.46 になりました。 香港のハンセンは 0.8% 下落して 19,044.30 となったが、上海総合はほとんど変化せず、0.1% 未満上昇して 3,246.29 となった。

中国の税関データは、エネルギー価格の上昇、インフレ、ウイルス対策が世界と中国の消費者需要を圧迫し、ロシアの石油とガスの輸入が急増したため、中国の貿易が8月に落ち込んだことを示した. 輸出は前年比 7% 増加し、7 月の 18% の伸びから鈍化し、輸入は 0.2% 縮小しました。

西側諸国の経済が沈静化し、米国連邦準備制度理事会とヨーロッパおよびアジアの中央銀行が上昇するインフレを抑えるために金利を引き上げたため、中国の輸出需要は減少しました。 ウイルスの発生に対抗するために中国の都市が頻繁に閉鎖されていることは、中国の消費者の消費意欲に影響を与えています。

連邦準備制度理事会は、数十年で最高のインフレ率を引き下げるために利上げをすぐに躊躇しないことを示しました.

エネルギー取引では、ベンチマークの米国原油が 78 セント下落して 1 バレル 86.10 ドルになりました。 国際的なベンチマークであるブレント原油は、77セント下落して1バレル92.06ドルになりました。

通貨取引では、米ドルは 142.76 円から 144.02 円に上昇しました。 ユーロは 99 セントであまり変化しませんでした。

___

Associated Press のビジネス ライターである Damien J. Trois、Alex Vega、Joe MacDonald がこのレポートに寄稿しました。

影山ゆりさんがツイッターで https://twitter.com/yurikagyyama

READ  非難合戦はドイツの2022年ワールドカップからの退場から始まる