Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

金正恩は、侵害の疑いで日本の日本の裁判所から召喚されました

日本の裁判所は、北朝鮮の「地球上の楽園」と呼ばれる第三国定住プログラムに参加した後、北朝鮮での人権侵害の補償を求めるために北朝鮮の指導者を召喚した。 そして原告は言った。

金正恩氏は10月14日の公聴会に出廷しないが、裁判官が彼を召喚する決定を下したのは、外国の指導者が主権を与えられていないまれな出来事であると、5人の原告を代表する弁護士の福田健二氏は述べた。 。

彼らは、再定住プログラムの下での人権侵害の疑いに対して、北朝鮮にそれぞれ1億円(90万ドル)の補償を要求している。

日本の約93,000人の朝鮮人とその家族が数十年前に北朝鮮に移住した。 日本の多くは朝鮮民族としての差別に直面していました。

朝鮮戦争で亡くなった労働者を本国に送還し、韓国人を海外に送還するという北朝鮮の計画の翌年、1960年に日本を去ったとき、日本生まれの韓国人自我川崎(79)は17歳でした。 。 このプロジェクトでは、1984年まで、多くが韓国出身の採用担当者を探していました。

日本政府もこの計画を歓迎し、韓国人を部外者として扱い、北朝鮮への輸送の手配を支援した。

川崎氏は、成長した子供たちを残し、2003年に去るまで43年間北朝鮮に住んでいたと語った。 北朝鮮は、無料の医療、教育、仕事、その他の利益を約束しましたが、何も約束していませんでした。彼らはしばしば鉱山、森林、農場で肉体労働を割り当てられました。

「彼が北朝鮮についての真実を私たちに話したならば、私たちの誰も行かなかっただろう」と彼は火曜日の記者会見で語った。

川崎ら4人は2018年8月に東京地方裁判所で北朝鮮政府に対して補償を求めて訴訟を起こした。

彼らの弁護士である福田氏は、裁判所は3年間の裁判の後、10月14日の最初の公聴会に金正恩を召喚することに同意したと述べた。

福田容疑者は、金容疑者が出廷したり、法廷で命令された場合に補償金を支払うことは期待していなかったが、この事件が今後の日朝交渉の先例となることを期待した。

川崎氏は、プロジェクトを支援するために日本政府に合法性を求めることを法律で禁じられているにもかかわらず、「北朝鮮からの回復を待っている」何千人もの参加者を撤退させるのに役立つことを望んでいると述べた。

「日本政府も責任を取るべきだと思う」と彼は言った。

川崎の父は、第二次世界大戦の前後に鉱山や工場で働くために強制的に日本に連れてこられた何百万人もの韓国人の一人でした。 日本は1910年から45年にかけて朝鮮半島に植民地化しました—過去は日本と韓国の関係を侵食してきました。

今日、約50万人の韓国人が日本に住んでおり、学校、仕事、そして日常生活において差別に直面し続けています。

「ここまで到達するのにとても時間がかかった」と川崎氏は語った。 「ついに、正義の時が来ました。」

READ  日本の日立はグローバルロジックを96億ドルで買収