Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

釣魚島付近の中国船は、中国対マニラの南シナ海型紛争に対する日本の懸念を煽っている。

釣魚島付近の中国船は、中国対マニラの南シナ海型紛争に対する日本の懸念を煽っている。

この紛争は、中国政府が東シナ海の土地、海、空域に対する主張を拡大し続ける中、日本が直面している紛争と似ている。 フィリピン 研究者らによると、南シナ海では。 事件では、フィリピンの補給船が中国沿岸警備隊の放水銃で攻撃されたほか、ここ数カ月間、フィリピン漁船も嫌がらせを受けている。

中国、不況下で日本に対して「経済的強制」を行使する可能性は低い

アナリストらは、中国の最終的な目標は日本の主権に対する国際的な認識を弱めることだと考えている。 ディオス、日本は尖閣諸島と呼んでおり、最終的にはそれらを征服します。 沖縄北部の無人列島は1972年以来日本の統治下にある。

これらの諸島は中国が自主宣言したADIZ内にあり、中国軍艦による厳重な哨戒が行われている。 1月28日の読売新聞に掲載された写真には、島近海にいる江海II級誘導ミサイルフリゲートが写っている。

日本はフィリピンよりも中国の侵略に抵抗する能力が高いが、日本政府は放水銃や他の武器の使用がエスカレートする可能性を「非常に懸念している」と国立安全保障研究所のアナリストは述べた。 NIDS)。

防衛研究所の中国専門家、飯田正史氏は「最近、中国海警局の船が尖閣周辺海域で日本漁船を頻繁に追跡している」と述べた。 「これは中国が司法権を掌握しようとする拡張主義的な動きの一つだ。

2012年、天宇島付近を並んで航行する中国の海洋監視部隊と日本の海上保安庁の船。 写真:AP通信

「日本は、尖閣諸島をめぐる日本の領土に対する明らかな侵害であり、自国海域に対する主張を受け入れることはできない」と同氏はアジア・ディス・ウィークに語った。

中国政府は10年以上にわたり、島々に対する主権の主張を強めてきた。 島々周辺海域で沿岸警備隊の侵入やドローン飛行を繰り返し実施している。 同地域における中国の空と海におけるプレゼンスは増大し、より頻繁になっていると会田氏は述べた。

月曜日、日本の海上保安庁の船が日本の排他的経済水域内の東シナ海で中国の大型フロートを発見した。 このブイは直径約5メートルで、「中国海監視」という文字が刻まれており、係争中の島々の北170キロで発見された。

昨年7月には同諸島の北西80キロで中国の大型フロートが発見され、中国の外交抗議が起きた。 日本の海上保安庁は船舶に対し、余分なフロートに警戒するよう警告し、政府は中国にフロートの撤去を要求しているが、中国政府はまだ応じていない、と読売が報じた。

世論調査によると、ほとんどの日本人は中国に対して「友好感情」を抱いていない

東京の国際基督教大学国際関係学教授スティーブン・ナジ氏は、諸島周辺での中国の行動は他のアジア諸国との関与を目指す日本の努力の一部を反映していると述べた。

「日本は台湾海峡やベトナムに関する計画を含め、東南アジア諸国への援助をますます統合しており、中国の戦術は尖閣周辺で圧力を強め、日本に優先順位をどこに置くべきかを再考させることだ」とナジ氏は語った。 。

ナジ氏は、中国の習近平国家主席が来年1月1日に中国船舶が台湾周辺海域に毎日出入りすると述べたことを指摘し、中国政府が日本に台湾問題から「撤退」するよう圧力をかけようとしていると述べた。

中国が宣言したADIZ問題は東京にとって重大な課題となっているが、米国が南シナ海で「航行の自由」作戦を実施しているのと同様に、日米の民間航空機は今後も同地域の上空を飛行し続けるだろうとナジ氏は語った。

2011年、日本の自衛隊のP-3Cオリオン監視機が係争中の諸島上空を飛行した。 写真:AP通信

しかしナジ氏は、他のアジア諸国の航空会社がADIZに入る前に中国の航空管制官に連絡すれば、それは日本が領空に対して行政管理を行っていないことを示すさらなる兆候になるだろうと述べた。

ナジ氏は、中国政府が2021年にフィリピンの船舶に対して武力行使する権利を有すると発表した後、東シナ海での中国の行動はさらに増える可能性が高く、ここ数カ月の南シナ海でのフィリピン船舶に対する行動と同様の可能性があると述べた。沿岸警備隊の船。 それを内部水とみなします。

「その時点で我々は非常に攻撃的になるだろう」とナジ氏は語った。 「もし日本の自衛隊が中国海警局に対して使用されれば、北京ではエスカレーションとみなされ、容易に対立に陥る可能性がある。」

READ  日本はカンボジアを支援し、政府のワクチンを提供しています