Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

鈴鹿は日本のF1法案にスーパーフォーミュラを加えることを熱望している

鈴鹿は日本のF1法案にスーパーフォーミュラを加えることを熱望している

昨年、スーパーフォーミュラのプロモーターであるJRPの上野義久会長と鈴鹿レース主催者の間で、日本を代表する国内シングルシーターシリーズの開催に向けた協議が行われた。

スーパーフォーミュラは3月の第1戦から5月の第2戦まで2カ月の空白を空けてF1応援イベントに臨んだ。

スーパーフォーミュラのサポート枠は、スケジュールやパドックの物流の都合で2024年は実施されないが、motorsport.com鈴鹿の社長斉藤剛氏はmotorsport.comとの独占インタビューで、2025年にシリーズを迎えることに熱意を持っていると語った。

「結果はF1には及ばないが、スーパーフォーミュラは日本の素晴らしいレースカテゴリーだ」と斉藤氏は語った。

「ですから、F1とスーパーフォーミュラを同じ週末に開催できれば、我々にとっては非常にエキサイティングです。それは可能性であり、我々はこのオプションを歓迎しますが、もちろん決めることはできません。」

「同時に、私たちはスーパーフォーミュラだけに焦点を当てているわけではありません。私たちにとってそれは主に、週末を通じてファンに最高のミックスを提供することです。」

「もちろん、スーパーフォーミュラもその可能性の一つですが、最も重要なことは素晴らしい週末パッケージを用意することです。」

マックス・フェルスタッペン、レッドブル・レーシング RB20

写真:マーク・サットン/ モータースポーツ映画

F2、F3、F1のアカデミーフィーダーシリーズがないため、国内のフェラーリチャレンジジャパンとポルシェカレラカップジャパンが先週末のレースへの支援金を提供した。

今年初めて日本は伝統的な秋の開催日から4月のレースに変更したが、これは記録的な24レースカレンダーの物流を合理化し、持続可能性への取り組みを改善したいというF1の願望の一環である。

F1とFIAが共同で来年のカレンダーを発表した金曜日に明らかになったように、日本は2025年も新たな枠を維持し、オーストラリアと中国のダブルタイトルに次ぐ今年3番目のグランプリとなる。

齊藤氏は、鈴鹿が独自の持続可能性への取り組みに沿っているため、F1の日付変更要請を喜んで受け入れると述べた。

「私たちは世界的にCO2排出量を削減し、F1の物流に関して持続可能性目標を達成することを目指しています」と彼は説明した。

「F1はオーストラリアと協力して世界のこの地域でのレースをよりロジスティックに開催したいと考え、そのためF1はレースを年末ではなく春に変更することを提案した。

「当社は持続可能性にも重点を置いており、当社の哲学に合致しているため、F1の勧告を受け入れました。

「F1は物流に関するあらゆる考えに適合しているため、今年のこの時期にはしばらく留まると思います。私たちはその結果に満足しています。」

続きを読む:

READ  日本では、疎外された若者の心と投票を勝ち取るための努力がなされています