Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

鉄鉱石採掘会社が日本のリーダーと協定を締結

鉄鉱石採掘会社が日本のリーダーと協定を締結

生鉄の抽出を専門とするマグネタイト マインズは、国内最大手の鉄鋼会社の 1 つである日本の JFE 商事株式会社のオーストラリア子会社と初期契約を締結しました。

この合意に基づき、JFE商事オーストラリアはレイザーバック鉄鉱石プロジェクトの最終実現可能性調査を完了するために必要な資金提供を目指すことになる。

この研究では、南オーストラリア州北東部にある大規模な鉄鉱床を開発するマグネタイト鉱山の計画が実現可能かどうかを検討する。

未開発のレイザーバック鉄鉱石鉱山には、採掘可能な鉱石が約 20 億トン、鉱物資源が約 32 億トン含まれています。

CEOのティム・ドブソン氏は、自社が南オーストラリア州のグリーン鉄の将来において主要なプレーヤーになることを期待しており、この鉱石を利用して水素エネルギーを利用してグリーン鉄を製造するつもりである。

JFEからの融資と引き換えに、日本企業はレイザーバック社で15年間にわたり第一段階生産量の最大10%に相当するマグネタイト精鉱を生産する権利を取得する。

両党は2025年1月31日までにこの計画に関する具体的な合意を履行することを目指している。

オーストラリア証券取引所に出した声明の中で、マグネタイト・マインズは、レイザーバック・プロジェクトは「熱心な投資家やバイアウト・パートナーとの合弁事業を通じて、そしてマグネタイト・マインズをプロジェクト・オペレーターとして行うことで最も効果的に開発されるだろう」と述べた。

「このフォーマットは、ここ数十年にわたってオーストラリアの大規模資源プロジェクトで広く使用され、成功を収めており、合弁パートナー間で資本とリスク負担を共有するという利点がある」とマグネタイト・マインズは述べた。

「オーストラリアと日本は貿易相手国として長く成功してきた歴史があり、世界が気候変動の課題に直面する中、両国が脱炭素化の目標に向けて協力し続けるのは当然のことです。」

ドブソン氏は、彼の会社は過去1年間でJFEと強い関係を築いてきたと語った。

「本日、共同の取り組みを正式に発表できることをうれしく思います。これは包括的なデューデリジェンスの取り組みの集大成であり、両当事者にとって長く繁栄する関係になると私たちが思い描くものの第1段階です」と同氏は述べた。

JFE商事オーストラリアマネージングディレクターの澤田耕一氏は、「レイザーバック鉄鉱石プロジェクトの開発に向けてマグネタイト鉱山と協力する」という合意を獲得できたことをうれしく思っていると述べた。

「私たちのたゆまぬ努力を通じて、私たちはレイザーバック鉱床について十分な理解を得ることができました。また、鉄鋼業界の脱炭素化に向けた世界的な取り組みの支援など、私たちの戦略的優先事項と非常に一致するこのプロジェクトに大きなチャンスがあると考えています」と澤田氏は述べた。

トム・コウサントニス鉱業・エネルギー大臣は、同社の協定締結を祝福した。

「南オーストラリア州政府は最近、グリーン鉄鋼戦略を発表しましたが、マグネタイト鉱山による本日の発表は、この戦略の中核目的と一致しています」と同氏は述べた。

「南オーストラリア州は豊富な磁鉄鉱資源という大きな利点を持っており、これは同州が生鉄の世界的な需要の増大に応える取り組みの最前線に立つ機会となる。」

READ  中国、韓国、日本が団結して北朝鮮に立ち向かう