Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

銃と爆発物で武装したギャングがエメラルド鉱山に侵入し、50 人の鉱山労働者を人質に取る

銃と爆発物で武装したギャングがエメラルド鉱山に侵入し、50 人の鉱山労働者を人質に取る

コロンビアのボヤカで鉱山を運営する鉱山会社エスメラルダス・サンタローザは、警察が進行中の状況を管理している間、閉じ込められた労働者の愛する人たちに落ち着いて行動するよう求めました。

コロンビアの鉱山内

爆発物を運ぶ武装集団がコロンビアのエメラルド鉱山を襲撃し、50 人の鉱山労働者を人質に取った。

鉱山会社エスメラルダス・サンタは、「重武装した男たち」のグループがボヤカのマリベにある地下施設を襲撃した後、労働者が彼らの意思に反して拘束されていると発表した.

彼らはこの事件についてツイッターで声明を発表した。

声明には次のように書かれている:「武器と明らかに爆発物で武装した彼らは、ボヤカ西部のマリベ市にある私たちの会社の施設を不法に襲撃し、私たちの労働者の安全を確保する警備員を鎮圧した.」

警備員は武器を剥ぎ取られ、トンネルに導かれ、そこで人質にされています。

ボヤカのエスメラルダス・サンタローザ鉱山

彼らは、「(彼らは)採掘作業の最も深いレベルの労働戦線に侵入し、50 人以上の労働者を強制的に逮捕した」と付け加えた。

警察は「労働者の解放を達成するための行動を調整するために」現場にいると言われました。

READ  カザフスタン:大規模なメタン漏洩が数カ月間続いた