Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

鍜治真希、「数独のゴッドファーザー」、日本で69歳で死去| 日本

世界中の何百万人もの人々が毎日数独パズルを解く数独パズルを出版している日本の出版社である鍜治真樹は、69歳で癌で亡くなりました。

日本の最初のパズル雑誌を創刊する前に印刷会社で働いていた大学のドロップアウトである梶は、既存のデジタルパズルからヒントを得て、後に「数独」と呼ばれるものを作成しました。 “— 80年代半ばのある時点で。

パズルは、9 x 9ブロックのグリッドに記入するように人々に要求します。各ブロックには、9つの正方形があり、垂直方向と水平方向の両方のすべての列に、繰り返しなしで1から9までの数字が含まれます。 パズルの最初にグリッドに記入された数字の数によって、パズルの難易度が決まります。

数独のゲームの名付け親として知られる彼の会社、ニコリは月曜日にそのウェブサイトで「彼は世界中のパズル愛好家に愛されており、皆さんに感謝の意を表したい」と語った。

数独は、外国の新聞がパズルを印刷し始めてから約20年前に日本国外で人気を博しました。 現在、世界中で1億人以上が定期的にパズルを試していると推定されており、精神的能力を鋭く保つ方法として賞賛されています。

世界選手権は2006年から毎年開催されています。

影は、季刊のパズルマガジンの読者の助けを借りて、パズルの作成と改善を続けてきました。 彼は健康状態が悪いため7月に会社の社長を辞任し、8月10日に胆管癌で亡くなりました。

「非常に大きな可能性を秘めたパズルの新しいアイデアを目にしたとき、私は本当に感銘を受けました」と彼は2007年にBBCに語り、良いパズルを作成する秘訣はルールを単純化することであると付け加えました。

「それは宝物を見つけるようなものです。それは彼がお金を稼ぐかどうかではなく、それを解決しようとする興奮です。」

READ  インドのスポーツが日本の柔道文化から何を学ぶことができるか