Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

長期にわたるコロナウイルスを初めて州全体で調査した結果、最も被害が大きかった7つの州が明らかになった

長期にわたるコロナウイルスを初めて州全体で調査した結果、最も被害が大きかった7つの州が明らかになった

ズームイン / 新型コロナウイルス感染症に長く罹患している女性は完全に寝たきりで、自宅の部屋間の移動には車椅子を使用する必要がある。

SARS-CoV-2 ウイルスが最初に出現してから 4 年以上が経過しましたが、研究者たちは依然として、何人が感染しているかという一見単純な疑問を含め、長期にわたる新型コロナウイルスを理解するのに苦労しています。 その有病率の推定値は、さまざまな研究方法や症例の定義に基づいて大きく異なります。 今回、疾病管理予防センターは今回初めて、米国のすべての州および準州の成人におけるこの感染症の有病率を推定しようと試みた。 この結果もまた、広範囲の罹患率推定値を示していると同時に、最も影響を受けている州と比較的免れていると思われる州も明らかになっている。

全体として、CDCは、南部、西部、中西部の7つの州が国内で長期にわたる新型コロナウイルス感染症の有病率が最も高く、8.9パーセントから10.6パーセントの間であることを発見した:アラバマ、モンタナ、ノースダコタ、オクラホマ、テネシー、ワイオミング、そして米国州。 有病率が最も高い州はウェストバージニア州で 10.6% です。 その結果は本日、 CDC 罹患率と死亡率の週報

一方、ニューイングランド、ワシントン、オレゴン州では有病率が低く、3.7%から5.3%の範囲でした。 最も低い率は米領バージン諸島の1.9%であった。 ワシントン D.C. とグアムでは、その割合は 1.9 パーセントから 3.6 パーセントの範囲です。

管轄区域ごとの、18 歳以上の成人の間で報告された長期にわたるコロナウイルスの経験の有病率。

管轄区域ごとの、18 歳以上の成人の間で報告された長期にわたるコロナウイルスの経験の有病率。

これらの推定値について、CDCの研究者らは、新型コロナウイルス感染症以前には存在しなかった自己申告の症状が3か月以上続いていることを新型コロナウイルス感染症の長期感染者と定義した。 これらの症状には、消化器系の問題から動悸、関節痛、呼吸器症状、神経学的状態、疲労に至るまで、幅広い病気が含まれます。

推定値は2022年の国家監視システムからの調査回答に基づいている。この調査では、人々が新型コロナウイルス感染症の急性期に治療を受けたかどうか、感染してからどれくらいの時間が経過したかなど、いくつかの注目すべきデータが得られた。長いコロナウイルスの最終期間(進行中でない場合)、およびワクチン接種の状況。 ワクチン接種に関するデータは調査に参加した一部の人々からのみ得られたものであり、報告書には含まれていません。

著者らは、この調査結果が「米国全土の長期にわたる新型コロナウイルス感染症の地理的格差を特定し、健康の公平性を促進するための介入の指針となる」ことを期待している。

READ  USMEF は新しい役員を選出し、商業環境の概要を提供します