Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

関係者によると、日本の規制当局は中国リスクについて国内大手銀行を調査した

関係者によると、日本の規制当局は中国リスクについて国内大手銀行を調査した

山口貴也、山崎真紀子、パリトシュ・バンサル著

[東京(ロイター)] – この問題に直接知る複数の関係筋によると、日本の金融規制当局は、中国リスクと、中国と西側諸国との間の緊張が高まった場合の計画があるかどうかについて国内大手銀行を調査したという。

これまで報道されていなかった金融庁の要請は、日本の巨大銀行がリスクを考慮し、台湾の政治的地位の問題を含む地政学的状況が悪化した場合に対応できるよう確保することだと関係筋3人が述べた。

リフィニティブによると、日本の複合企業である三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)、日本の大手みずほフィナンシャルグループの資産は合わせて6兆5000億ドルに上る。

財務諸表によると、3月末時点で3行の中国への信用エクスポージャーは総額約640億ドル、総資産の約1%に相当する。 この数字には銀行のすべての事業部門が含まれているわけではありません。

関係筋の1人である金融業界幹部は、日本の銀行が直面する主なリスクとしては、ウクライナ侵攻後のロシアとの取引禁止と同様、米国の対中制裁により、同国での事業活動が妨げられる可能性があると述べた。

問題の機密性を理由に、すべての情報源が匿名を要求した。

金融庁、MUFG、みずほはコメントを控えた。 SMFGは、規制当局との取引に関連することについてはコメントを控えたと述べた。

別の関係筋は、金融庁は銀行に対し取るべき行動について具体的な指示を与えていないとし、貸し手はさまざまな可能性を検討しており、規制当局は銀行から洞察や情報を得ることを期待していると付け加えた。

他の関係筋2人は、中国に関連した地政学的リスクを考慮するよう金融庁に要請したのは5月だったと述べた。 そのうちの1人によると、金融庁は先月の会合で銀行に対し、中国事業に関連するリスクをどのように評価しているか尋ねた。

IAEAの今回の動きは、ロシア・ウクライナ戦争、台湾の主権、技術へのアクセスを巡る一連の紛争のさなか、中国と西側同盟国との間の緊張が過去1年半にわたって高まっている中で行われた。

特に米国と中国の間の緊張は激化している。

アントニー・ブリンケン米国務長官は月曜日、両国の多くの相違が対立に発展しないことを目的とした異例の北京訪問の2日目と最終日の初めに、中国のトップ外交官である王毅氏と会談した。

緊急計画

日本の銀行は、多くの多国籍企業と同様に、板挟みになる可能性に直面している。

銀行を筆頭とする日本の大手金融会社は、世界第2位の経済大国の国内事業を通じて、あるいは海外のビジネスネットワークを通じて中国とのエクスポージャーが大きくなっている。 彼らは西洋でもビジネスを行っています。

この規制当局の動きは、台湾を巻き込んだような地政学的危機が世界経済とビジネスにどのような影響を与えているかを浮き彫りにしている。

中国は台湾を自国の領土として民主的に統治していると主張し、台湾を支配下に置くための武力行使を決して放棄していない。 台湾は中国の主権主張に強く反対し、島の住民だけが自らの将来を決定できると主張している。 過去3年間、中国は台湾周辺で戦争ゲームを開催するなど、台湾に中国の主権を受け入れさせようと圧力を強めてきた。

多くの世界企業は、ウクライナ戦争後のロシアと同様に、緊張の激化により米国が中国に制裁を発動する可能性があると懸念している。 緊急時対応計画の策定や台湾国外の製造能力の調査などの措置を講じている。 ロイター通信が2月に報じたところによると、在台湾米国商工会議所が調査した企業の半数近くが、中国との緊張の中で事業継続計画を見直している、または見直す予定であるとのこと。

同金融業界幹部は、米国とのエクスポージャーが大きい邦銀にとっては、台湾への直接的なエクスポージャーによる影響よりも、西側諸国の対中国制裁の影響の方が大きな懸念となる可能性が高いと述べた。

同当局者は、中国の制裁への対応は非常に複雑になるだろうと付け加えた。

(東京では山口貴也氏と山崎麻衣子氏、ニューヨークではパリトシュ・バンサル氏がリポート、スミット・チャタジー氏とジェイミー・フリード氏が編集)

READ  この日本のホラー映画の予告編を見ると震えるでしょう