Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

関係者によると、日本のNECは5億ドルのデータセンター売却を検討している

関係者によると、日本のNECは5億ドルのデータセンター売却を検討している

事情に詳しい関係者によると、日本のテクノロジーグループがポートフォリオを簡素化し、非中核資産を売却して現金を調達しようとしており、NECはデータセンターの売却を検討しているという。

関係者らが匿名を条件に語ったところによると、東京に上場されている同社は、売却額が4億~5億ドル(591億~740億円)になる可能性がある同社売却の準備を支援する財務アドバイザーの雇用を検討しているという。 . . 審議は非公開なので。 関係者によると、他のデータセンター運営者やインフラに特化したファンドも当初は資産に関心を示しているという。

関係筋によると、検討は予備的なもので、正式な売却プロセスは今年後半まで開始されない可能性があるという。 関係筋によると、NECは少数株を保有したり、資産を長期間保有したりすることも決定する可能性があるという。

NECの担当者はコメントを控えた。

同社のウェブサイトによると、NECは1899年に設立され、情報技術、通信ネットワーク、生体認証、モノのインターネット、人工知能技術に重点を置いているという。

NECの株価は過去12カ月で2倍以上に上昇し、同社の価値は約200億ドルとなった。 物言う投資家からの圧力を受けて、同社は日本の半導体メーカー、ルネサス・エレクトロニクスの株式を含む非中核資産を売却した。

2月にNECは日本の航空電子機器メーカーの株式の一部を同社に売却し、株式保有率を50.8%から約34%に減らした。

オアシス・マネジメントはかつて自社株買いの差し止めを求めたが、その後裁判所でその要求は却下された。

READ  それが起こります! 期待されるPS5、PS4アクションRPGエルデンリングがゴールドに