Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

防衛力強化:フィリピンは日本、三菱電機と提携

フィリピンの国防・安全保障情勢における注目すべき進展として、国防総省(DND)は最近、フィリピン空軍への航空機供給に関して三菱電機株式会社と契約協定を締結した。 Horizo​​n 2 航空監視レーダー システム (ASRS) 買収プロジェクト。

約55億ペソ(1億350万米ドル)相当のこの提携は、日本の防衛輸出政策における画期的な出来事であり、防衛省発足以来、日本企業が完全な防衛装備品を外国政府に移転するのは初めてとなる。 防衛装備品・技術移転三原則 2014年に日本政府によって。

ASRS取得プロジェクトは、特に空域監視と監視におけるフィリピンの防衛能力を大幅に強化し、広大な海岸線と排他的経済水域(EEZ)の安全を強化することを目的としている。

ASRS は、フィリピンの排他的経済水域内での脅威と侵入を検出、特定、関連付け、リアルタイムのレーダー画像を関連する意思決定者や業務部門に提供するように設計されています。

このプロジェクトの詳細、その重要性、そしてフィリピンの防衛分野への日本の関与増大の広範な影響について掘り下げてみましょう。

日本は防衛装備品の輸出に向けて動いている

契約 発生した 三菱電機にとって、2020年は日本の防衛政策に新たな章を迎えることになる。

これは、再編された政府方針に従って、国際平和の促進のため防衛装備品の輸出に取り組む日本の意欲を示している。

この協定はまた、防衛装備品および技術の輸出に対する日本の伝統的な制限的立場からの重大な逸脱を意味する。

ASRSプロジェクトはフィリピンの防衛力強化における大きな一歩であるだけでなく、発展の証でもある ダイナミクス インド太平洋地域。

日本とフィリピン:拡大するパートナーシップ

ASRS買収プロジェクトは、日本とフィリピンの強力なパートナーシップの成果です。

このパートナーシップは防衛調達を超えて、経済的および社会的成長からインフラ開発、軍の近代化に至るまで、協力のさまざまな側面を含みます。

両国は、海洋領域の認識、航行の自由、経済水域の安全に対する取り組みを共有しています。

ASRS サイトは、フィリピン高原の広い地域、国の南部地域、西フィリピン海の南部を戦略的にカバーする予定です。

これらの施設は、最適な空域監視、航空機制御、防空任務を確保する上で極めて重要であり、防空総局が特定した極めて重要な国益分野の安全を大幅に強化します。

フィリピン国軍参謀長ロミオ・ブラウナー・ジュニア将軍(AFP通信) 確認する 日本の政府安全保障支援 (OSA) プログラムを通じて資金提供された沿岸レーダー システムの重要性。

これらのシステムはフィリピン軍の海上防衛能力に重要な追加要素であり、延長された海岸線の監視と保護をさらに可能にし、海の安全とセキュリティを確保します。

防衛分野における両国間の協力も、2016年に署名された防衛装備品や技術の移転に焦点を当てた協定に基づいており、両国の防衛と安全保障に貢献する具体的なプロジェクトへの道が開かれている。

三菱電機の役割

このプロジェクトにおいて三菱電機が果たした役割は極めて重要です。

会社が納品した 最初のユニット 航空監視レーダー システムは先月フィリピン空軍に納入され、将来の納入に向けて追加のユニットも準備中です。

このパッケージには、3 つの長距離固定航空監視レーダーが含まれており、それぞれに建設設備と移動式航空監視レーダーが含まれています。 これらのレーダーシステムは日本で設計、製造、テストされており、防衛分野における日本の技術力を示しています。

これはフィリピンの防衛インフラの重要なコンポーネントとなり、排他的経済水域内での脅威や侵入の検知と監視を可能にする予定だ。

三菱電機のこのプロジェクトへの参加は、日本の防衛装備品輸出にとって重要なマイルストーンとなる。 2014年に防衛装備品・技術移転三原則が発足して以来、日本企業が既製の防衛装備品を外国政府に納入するのは初めて。

日本の安全保障に対する同社の貢献には、共同開発のニーズを満たすための日本政府との協力、機器移転、他国のさまざまな政府や企業が関与するサプライチェーンへの参加などが含まれます。

この助成金は、日本などの国々がインド太平洋地域の同盟国やパートナーに最先端の防衛技術を提供する役割を拡大するなど、防衛分野における国際協力の拡大傾向も反映している。

重要性と影響

ASRS取得プロジェクトは、特に空域の監視、海岸の安全確保、排他的経済水域の保護において国の防衛能力を大幅に強化するため、フィリピンにとって最も重要である。

地政学的な変化と安全保障力学の変化の時代において、高度なレーダーシステムを持つことは戦略的に必要です。

さらに、日本とフィリピンのパートナーシップは、地域の平和、安定、安全を促進するという両国の共通の取り組みを反映し、インド太平洋地域のより広範な地域的背景を強調している。

両国は自国の経済水域における航行と上空飛行の自由を確保することに熱心であり、このプロジェクトはインド太平洋地域の開かれた安全な海を維持する広範な取り組みに貢献する。

結論として、日本および三菱電機と協力したフィリピン空軍のHorizo​​n 2航空監視レーダーシステム取得プロジェクトは、フィリピンと日本にとって画期的な出来事であり、インド太平洋地域における力関係の進化の証である。

このプロジェクトはフィリピンの防衛能力を強化するだけではありません。 防衛における日本の役割の増大 装備品の輸出は、共通の安全保障上の課題に対処するために、地域諸国間の協力を強化する可能性を示しています。

プロジェクトが進行するにつれて、フィリピンおよびより広範なインド太平洋地域の防衛と安全保障の状況に永続的な影響を与える可能性があります。

READ  COVID-19スプレッドでアジア株が下落、ウォール街が下落