Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

防衛大臣、米軍基地移転を巡り沖縄県知事と会談

防衛大臣、米軍基地移転を巡り沖縄県知事と会談

日本の木原実防衛大臣は土曜日、沖縄県の玉城デニー知事と会談し、沖縄県内の主要な米軍基地の移転について理解を求めた。

この会合は、建設に対する地方自治体の反対を押し切るという前例のない決定を受けて、中央政府が財団の移転作業を開始してから1か月後に行われた。

木原氏は沖縄県がある南西部の治安強化の必要性を強調したが、玉城氏は国が「県民の願いを受け入れ」、米海兵隊航空基地の移転を中止することを望むと応じた。 辺野古のビーチへ。

2024年2月17日、那覇市の沖縄県庁で会談する日本の木原実防衛相(左)と玉城テニー沖縄県知事。 (京都)

前例のない動きとして、地元政府が修正埋め立て計画を承認した後の1月10日、名護市辺野古の邑楽湾側の海域で軟弱地盤の補強工事が始まった。

木原氏は同日早朝にヘリコプターで現場を視察し、その後、県都・那覇市の米軍基地や自衛隊施設が立地する地元自治体の首長らと会談した。

木原氏は先月、東京で玉城氏と会談し、9月に防衛大臣に就任して以来初めての会談となった。 その中で木原さんは、地元住民の意見を聞きたいと述べた。

政府は普天間飛行場の運営を沖縄本島の住宅密集地宜野湾市から人口の少ない同島辺野古に移転する計画だ。 日米同盟の抑止力を損なう。

政府と沖縄は、1996年に日米間で移設計画が合意されて以来、普天間飛行場の県内移設をめぐり長年対立してきた。 日本政府は1999年に辺野古を新基地に選定した。


関連報道:

国の代理調整を経て沖縄で米軍基地移設工事が始まる

日本政府、米軍基地移転計画に対する沖縄の反対を却下

沖縄、大規模な米軍基地移転に関する高裁判決を控訴


READ  「日本の次世代のリーダー」 - マンチェスター・ユナイテッドの移籍目標は明るい未来に向けられている