Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

障害のある日本人はしばしば目に見えません。 パラリンピックは長続きする光をもたらしますか?

東京-パラリンピックに参加する前に、東京は障害を持つ人々が自分自身にアクセスできるようにするための一連のプロジェクトに着手しました。 現在、ほとんどすべての駅にエレベーターがあり、一部の駅には視覚障害者を保護するためにプラットフォームの端に沿って安全バリアがあります。 多くの公衆トイレのキオスクと同様に、約3,200の新しく建てられたホテルの部屋は車椅子でアクセスできます。

パラリンピックのボランティアの一人である平野裕人は、この変化を歓迎します。 しかし、ある日の午後、車椅子でアクセス可能と宣言された建物に移動したとき、ほとんど気付かれないほどの障壁が彼の進路を妨げました。 彼はモーターを備えられた正面玄関に通じるわずかな斜面にぶつかり、誰かが彼の車椅子を後ろから押すことなしにそれを通り抜けることができなかった。

技術会計士の平野さん(31)は「「はい、対応できます」と言われることが3〜4回ありますが、現場に着いたら実際に中に入ることができません」と語った。会社。 。 「それで私は振り返ってすぐに家に帰らなければなりませんでした。」

パラリンピックの主催者は、エリートアスリートだけでなく、「差別やいかなる種類の障壁もない」社会を構築する機会について大声で話しているすべての障害者のニーズに注意を向けるように、大会の力を繰り返し奨励してきました。 「」

擁護者たちはまた、この主要な国際的瞬間を受け入れ、身体的および精神的障害を持つ人々がどのようにして最高レベルを達成できるかを示していると述べています。 刺激的なアップグレードに加えて、インフラストラクチャの変更は、日本の障害者の日常生活を改善するのに役立つと彼らは言います。

しかし、これらの支持者たちはまた、障害者を世間の目から遠ざけてきた長い歴史を持つ国で注目を集めるのにどれくらいの時間がかかるのか疑問に思っています。 日本では、依然として多くの障害児が別々の学校や教室で教育を受けており、大企業は障害のある従業員のために別々のサブセクションを運営しており、知的障害のある人々はしばしば施設に保管されています。

「成功はほとんど調整されていません」と、13年間国内外に住んでいる日本の障害者歴史家であるマーク・バックマンは言いました。 「学校にアクセスできるようにしたが、反対側に職場がない場合は、問題ありません。電車を利用できるようにしたが、学校が利用できない場合は、問題になりません。トイレを作る場合建物内ではアクセス可能ですが、建物自体にはアクセスできません。それは実際には問題ではありません。」

「到着は物事が解決された瞬間ではない」とバックマンは付け加えた。 「このプロセスは、国際的な圧力が弱まるオリンピック後も続くのだろうか?」

障害者活動家が提起した質問は、保健省によって障害者として分類されている日本の960万人に限定されていません。これは人口の7パーセント以上です。 世界最大の人口を抱える日本は、さまざまな障害を持つ人々が日々移動するために頼っている種類の手段で、増加する人口に対応する必要があります。

支持者は、パラリンピックは、アクセシビリティを改善する方法についてより多くの人々から聞く機会を提供したと言いました。 もし大会が国際的な観客と一緒に開催されたとしたら、彼らは、手順が実際に実際に機能したかどうかをテストするために、専門家の即時のパネルが毎日提供したであろうと言った。

「障がい者を含めた観客にパラリンピック会場に行って東京に来て、 『ねえ、これが足りないか、足りない』と言ってもらいたかった」と平野氏は語った。それを直接感じて実践する政府に圧力をかけて、より良い改革をするように」

一例として、彼は東京のタクシーにアクセスしやすさを高めるために追加された大きな箱のようなタクシーを引用しました。 車いすの利用者は、タクシーの運転手は、迎えられたり、追加料金を支払う必要があったりしても、停車しないことが多いと述べ、乗車を助けるための傾斜路を提供するのは面倒だと主張した。

トヨタジャパンタクシーのスポークスマンである瀬戸圭佑氏は、いくつかの不満を認めたが、「ドライバーが使いやすいようにランプの排出を修正した」と述べ、63ステップから24ステップに減らした。 。

インフラストラクチャーは別として、活動家は、パラリンピックは彼らができることに制限を感じるかもしれない障害を持つ人々を動機づけることができると言いました。

彼は、「人生のある時点で身体障害者になり、部屋に閉じ込められた人々を知っている」と語った。 大原大輔、バンクーバーで開催された2010年冬季パラリンピックでアイスホッケーで銀メダルを獲得しました。 「しかし、スポーツに参加することで、障がいがあっても社会に復帰できることを実感できます。それは可能性を感じさせてくれます。」

おそらく、健常者の心を開く可能性と同じくらい重要です。

筑波大学視覚障害者学校の英語教師である小野和弘氏は、「障害者は何もできないと考える人もいる」と語り、卒業生の何人かはゲームに参加していると語った。 「パラリンピックは、彼らにとって一種の証拠またはヒントになると思います。」

地元の観客が禁止された後も、東京組織委員会は学童をいくつかのパラリンピックイベントに参加させました。 東京組織委員会の橋本聖子委員長は、スポーツをライブで観戦することで、子どもたちが「より包摂的な社会を実現する」ことができると語った。

パラリンピックを2回開催したのは日本だけです。 1964年に東京で大会が開催されたとき、天皇太子と美智子王女はパラリンピックを主な原因の1つとして受け入れ、日本の態度をゆっくりと変えていきました。

主催者が日本でパラリンピック選手を募集するのに苦労したため、1964年に6つの異なるイベントに出場した近藤英夫(86)は、車椅子で人々が自由にそして率直に動くのを見たのは初めてだったことを思い出します。

彼は「他の社会から隠されている」と述べた施設で生活し、訓練した後、外部からの競争相手と車椅子利用者を歓迎するオリンピック村のバスの信頼に驚いた。

「私は檻の中に閉じ込められていました」と近藤氏は回想します。 「パラリンピックは啓発的な瞬間でした。」

何十年にもわたる変化にもかかわらず、多くの支持者は、日本はまだ他の主要国に遅れをとっていると言います。 1996年、日本政府は、知的障害、精神疾患、または遺伝性疾患のために何千人もの人々を強制的に不妊手術するプログラムを後援しました。 日本は、署名から2年後の2016年にのみ差別禁止法を可決した。 障害者の権利に関する国連条約

日本の最近の状況のいくつかは、障害のある子供たちが通常の授業からほとんど除外されている学校にまでさかのぼることができます。 政府のクオータ制では、障害者が公的機関の労働力の2.5%、民間企業の2.3%を占めると規定されており、一部の大企業は障害者専用の別個の子会社を設立しています。

企業が障害者のためのより良い環境を開発するのを支援するコンサルタント会社であるミリノでグローバルパートナーシップを率いるエイミー・アイザワは、次のように述べています。

パラリンピックは、スティグマをお祝いに変え、逆境に対する勝利の物語を提供することを約束します。 しかし、アスリートにとって最良の結果は、障害のあるアスリートではなく、単なるアスリートと見なされることかもしれません。

東京パラリンピックが8月24日に開幕して以来、日本で5個のメダルを獲得した鈴木貴之氏は、平等な待遇を望んでいると語った。

今週初めに200メートルのフリースタイルレースを終えた後のインタビューで、「私の希望」は、障害のある人が行うスポーツが、身体のある人が行うスポーツと同じくらい興奮して受け取られることであると語った。 「」

READ  オリンピックホッケーゲーム-オーストラリアは男子就任式の試合でホスト日本を破った