Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

難民嫌いの日本がロシア戦争後のウクライナ人を歓迎

難民嫌いの日本がロシア戦争後のウクライナ人を歓迎

東京 (AP) — Dmytro Remez はラップトップで建物の写真の前後を静かにスクロールし、エレガントなオフィスやホテルが偏った放棄された廃墟になっているのを一度にクリックします。

それは、ウクライナ南部のミコラーイウにある彼の家の前にある老朽化した建物の 1 つでした。

順天堂大学で学ぶ若手医師のレメズさん(24 歳)は、1 年前にロシアとの戦争が始まって以来、日本に移住した 2,291 人のウクライナ人の 1 人です。

「ばかげています。主な目的はすべてを破壊することです。彼らが戦っている都市を見ると、都市は完全に破壊されています」と彼は東京の小さいながらも清潔でモダンな住居に座って言った.

将来、誰も都市に住むことはありません。 では、何のために? なぜ? なぜあなたはこれをやっている?”

亡命希望者への門戸を閉ざすことで悪名高い国では、彼が安全に逃亡したという彼の話はまれです。

法務省によると、日本は2021年に主にアフリカ諸国からの難民を74人しか受け入れていませんでした。 これは、2,413 人の応募者の 1% 未満です。

技術的には、ウクライナ人は「難民」には分類されませんが、「避難者」と呼ばれます。 ウクライナ人を受け入れるためのシステムは、日本が難民に関する一般的な方針を変更する必要なく機能しています。 日本政府は、ロシアとの戦争でウクライナを支援することで、米国および他の西側諸国との連帯を繰り返し表明してきました。

日本にいるウクライナ人を支援するための資金の多くは、レガッタの収益を慈善団体に寄付する非営利団体である日本財団からのものです。 日本財団は当初、旅費、住居費、生活費を含むウクライナ人を支援するために 50 億円 (3,700 万ドル) を確保し、その後 3 年間で 85 億 8000 万円 (6,400 万ドル) を調達しました。

これは、1 年前のロシアによるウクライナ侵攻への対応として行われた最大の寄付の 1 つであり、Microsoft などの米国のテクノロジー企業や、ヨーロッパの財団や慈善活動を行う企業からも多額の現金や好意が寄せられています。 米国の非営利団体である Candid が集計した個人の寄付は、戦争の勃発以来、12 億ドルが寄付されていることがわかりました。 比較のために、国連は戦争への人道的対応に資金を提供するために、主に政府から 34 億ドルのコミットメントまたは寄付を受け取りました。

1962 年に政治家で実業家の笹川朗一氏によって設立された日本財団は、これまでに 1,921 人の在日ウクライナ人を支援してきました。 このグループは、多くの国際的な賞を受賞しています。

組織は現在、笹川良一の息子である笹川洋平によって率いられています。 「すべての人が支え合う社会の実現」をモットーに、ハンセン病撲滅、災害支援、障害者支援、各種奨学金などの慈善活動を行っています。

日本が難民認定を行う方法は非常に狭く、その手続きは世界の基準に比べて難しいと、日本難民協会で保護と支援を担当する新島綾子は言う。

彼女の組織は、国連難民高等弁務官事務所 (UNHCR) と協力して、日本で難民を支援しています。

日本に住むことを望んでいた何十人もの人々が今やホームレスになっている、と新島は言った。 新型コロナウイルスのパンデミックによる入国制限が 10 月に解除されたため、これらの数は増加すると予想されます。

「ウクライナ人の扱いには大きな違いがあることは間違いありません」と新島は言い、ウクライナ人を含め、日本で安全を求めているすべての人々をサポートしていると述べた。

Reims は、彼の支援パッケージの内部の仕組みにあまり関心を持っていないようです。 彼は、特に大学と彼の教授から受けたサポート、そして彼が学んでいることすべてに感謝し、毎日大学病院に通っています.

先日、彼はCTスキャンについて知りました。 別の日には、チームで唯一のウクライナ人である看護師や医師と一緒にリレー レースに参加することを楽しみました。

彼がオンラインで見つけることができる唯一の選択肢は、飛行機のチケットで完全に勉強し、勉強を続ける機会でした。 彼はたまたま日本であったことを笑顔で覚えています。

彼は自分自身を幸運だと考えています。 人々はフレンドリーです。 彼が迷子になった場合、人々は彼を助けるために最善を尽くします。

彼の妻、オレクサンドラ・ホルブロワも、彼が数年間交際し、戦争が始まる直前に結婚したバイオリニストでしたが、順天堂とは無関係の別のプログラムを通じて日本に入国しました。

今は離れて暮らしていますが、週末には顔を合わせています。 彼女はチャリティーコンサートを開催し、子供たちに音楽を教えています。 十分なお金があれば、彼らは子供を持つことを計画しています。

レムスはラーメンと寿司が好きになりましたが、料理はまだ好きです。 彼はおいしい指輪を自慢しています。 彼は日本語を勉強しています。

彼は人々を助けたいと思っていたので、医者になることが常に彼の夢でした。 それは、犯罪を解決するのと同じように挑戦だと彼は言いましたが、あなたが戦っているのは病気です.

彼は日本で一般開業医になることを望んでいます。 ここにも助けてくれる人がいて、日本は自然災害の多い国です。

「ご存知のように、私たちはまだお互いを殺す新しい方法を見つけようとしています。何千人もの人々を殺す可能性のある大惨事があります。なぜ私たちはお互いを殺し合うのでしょうか?」とレメスは言いました.

弁護士であり公務員でもある彼の父親は、今もウクライナに住んでいます。 彼が到着する前に職場が爆撃されたとき、彼は15分で殺されるのを逃しました。 ランスは、父親は本当に勇敢だと言います。 開戦直前に母親を腎不全で亡くしている。 彼には兄弟がいません。

ランスは、宮崎駿監督のスタジオジブリのアニメ映画は観たが、侍や忍者などに深く魅了された人物ではなかったことを認めた.

最近では、日本とウクライナがいかに多くの共通点を持っているかに彼は驚いています。 出世欲に突き動かされた個人主義ではなく、両国の平和な共同体精神を感じる。

彼が元旦に近くの神社を訪れたとき、そこでの人生のお祝いは、ウクライナの教会での復活祭を思い出させました.

医師であるランスは、放射線の影響の研究と治療において、医師と国家との間の歴史的な関係がどれほど深いものであるかについても考察しています。 チェルノブイリはウクライナで発生しました。 日本の広島、長崎、そして福島、レメスは思慮深く語った。

ウクライナの医師は、2011 年の津波、地震、原子力災害の後、福島で支援を行いました。 1986 年のチェルノブイリ事故の後、日本人医師は子供たちの命を救うがん手術を行いました。

「私たちは、核の大惨事に見舞われた唯一の 2 つの国です」と彼は言いました。 日本人は苦しんだ。 彼らは本当に助けたいと思っています。」

___

影山ゆり Twitter https://twitter.com/yurikageyama

READ  日本のガールズグループAKB48がHYBEのWeverse DMに参加