Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

難民法が変わっても日本の難民との戦いは変わらない

難民法が変わっても日本の難民との戦いは変わらない

著者: 山形 篤史、ウーロンゴン大学

2023年6月9日、日本の国会は出入国管理及び難民認定法(ICRRA)改正法案を可決した。 この改正の結果、より多くの難民を受け入れるよう求められている日本は、2023年12月1日に亡命希望者に新しいカテゴリーのステータスを導入することになります。 保管的保護大商社 (追加の保護を受ける者)。

この地位は、1951 年難民条約第 1 条 A(2) に規定されている 5 つの理由、つまり人種、宗教、国籍、特定の社会集団の構成員または政治的意見によって迫害の恐れがある人に与えられます。 難民に関する条約の定義。

難民の定義に当てはまらない人々を保護するプログラムは、過去数十年にわたって他の先進国でも正式に策定されてきました。 EUは、難民の定義に当てはまらない人でも「補助的保護の対象となる人」としての資格を得ることができると規定している。 日本では、 おすすめ 補完的保護は2023年まで正式には制定されなかったが、日本の難民認定制度に関する特別委員会によって2014年に導入された。

この新しいカテゴリーが正式に制定される前から、日本は難民として認定されていない人たちに人道的理由から特別滞在許可(SPS)を与えていた。 この資格の導入は、日本の難民保護制度の拡大を意味するものではありません。 それでも、SPS と新しいタイプの間には重要な違いがあります。

SPSは法務大臣の裁量により発行されますが、 個人でも応募可能 のために 保管的保護大商社 条約の難民の定義を満たしていないと感じた場合に、日本での亡命を希望する場合のステータス。 また、この新たなカテゴリーに該当すると判断した個人は難民定住支援プログラムへの参加が認められるが、SPSに該当する個人は参加が認められない。

SPS 助成対象者には通常、以下に分類される「指定活動」のための 1 年間の在留資格が与えられます。 保管的保護大商社 条約難民と同様の最長5年間の「定住者」の資格が与えられる。 日本の永住権取得者の条件も緩和される 保管的保護大商社 条約難民としてのステータス。

こうした修正にもかかわらず、これを日本の制限的な難民政策からの脱却と呼ぶのは時期尚早である。 この新しいカテゴリーを確立した法案には、物議を醸しているICRRAの修正も含まれています。 現在の ICRRA の下では、 国外追放 亡命申請者は、申請が検討されている間は停止される。 改正法案は、3回目以上亡命申請を提出し、有効な在留資格を持たない亡命希望者については、申請に関する新たな証拠を提出しない限り、国外退去停止の措置を削除した。 この新しい規則は 2024 年 6 月までに施行される予定です。

日本政府は、日本の難民認定制度が強制送還を避けて日本で働こうとする「偽難民」によって悪用されてきたと主張し、物議を醸している変更を正当化した。 人権派弁護士はこう指摘する。 このルールは非反復の原則に反しています亡命希望者の自由や生命が脅かされる国への帰国を禁止する。

現在の制度では、亡命申請が拒否された人は、難民審査参事官(REC)と呼ばれる外部専門家委員会による行政審査を求めることができる。 REC には法的拘束力はありませんが、法務大臣に意見を提出します。

REC数が100名を超えた際には複数のメディアが報じた たった 1 つの REC がケースの 20% 以上をレビューした。 このRECは、2021年に国会委員会に専門証人として呼ばれた際、行政審査の申請者の中に「難民を見つけることはできない」と述べた。 これは物議を醸している ICRRA の修正を正当化するために政府によってよく引用されます。 この暴露は人権活動家の間で疑惑を引き起こしており、日本の難民認定制度の管理を担当する政府機関である出入国在留管理庁が、難民認定を受ける個人の数を制限する目的で特定の難民を恣意的に選出しているのではないかと主張している。

政府は新たなカテゴリーを設けました。 保管的保護大商社は、日本での難民受け入れを減らすために密かに努力している。 ロシア侵攻を受けて2,000人以上のウクライナ難民を受け入れるという突然の決定後も、日本の難民受け入れに対する消極的な姿勢は依然として続いている。 この決定は、国際社会における、特に他のG7諸国と比較した日本の立場に対する懸念と、日本の難民政策の変更がないことによって引き起こされた。 この新しいカテゴリーのステータスについても同じことが言えます。これは、難民政策への批判をそらすための表面的な改革である可能性もあります。

広く普及していました 報告 日本で提出された難民申請数は2023年に過去最高に達すると予想されている。 新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる渡航制限が解除されるにつれ、より多くの難民申請者が日本に到着しているようだ。 また、世界中の紛争によって引き起こされる社会政治的混乱の増大にも寄与していると考えられています。 日本の最新の難民政策が、困っている人々に適切な保護を提供するのに十分なものであるかどうかは、まだ分からない。

山形 篤志は、ウロンゴン大学の博士号取得者および研究員であり、LEC 会計大学院の非常勤講師です。 彼は最近、次のタイトルの記事を発表しました 「2022年のロシア侵攻を受けてウクライナ人を受け入れるという日本の決定の批判的分析」 四半期ごとの難民国勢調査。

READ  ポケモンTCG日本のロストアビスプレビュー:ギラティナアルトアート