Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

需要の鈍化により日本経済は当初の予想よりも悪化

需要の鈍化により日本経済は当初の予想よりも悪化

日本は前回の予測を修正し、今年第1四半期の経済は年率2.9%で縮小したと発表した。

東京の日本銀行本店に日の丸がはためく。 日本経済は第1四半期に縮小した (無断複写・転載を禁じます 2022 AP通信。

日本は当初の予測を修正し、今年の第1四半期に経済が年率2.9%で縮小したことを示した。

一方、同国の中央銀行が月曜日に発表した世論調査は、状況が依然として低迷していることを示唆している。 アナリストらは、主に建設活動データの変化が原因として、1-3月期のGDPデータの下方修正を予想していた。




従来予想は前年比1.8%縮小だった。 日銀の四半期調査では、大手・中堅製造業の景況感が若干改善していることが明らかになった。 しかし、調査の詳細は、国内外で需要が弱いことを示しています。

キャピタル・エコノミクスのマルセル・ティリアン氏は短観報告書について、「あらゆる産業と企業規模にわたって、業況は12%で安定しており、これは(四半期の)GDP成長率が約0%に相当する」と述べた。 同氏は「今四半期の国内総生産(GDP)成長率の新たな鈍化は、企業が6月に予想していた鉱工業生産の停滞と一致している」と付け加えた。

INGエコノミクスのエコノミストらは、製造業全体の景況感が若干改善した要因の1つは、自動車メーカーが通常生産を再開したことだと指摘した。 これは、昨年の電子チップ不足による工場の生産ラインの減速に続くものである。

今年初めに政府が行った最新の成長率調整では、公共投資が1.9%縮小したことが浮き彫りになった。 従来、公共投資は3%増加したとみられていた。 民間住宅価格は当初予想の2.5%縮小ではなく、2.9%下落した。

日本経済は今年の最終四半期にわずか0.1%の年率成長を記録し、技術的不況として知られる2四半期連続の縮小をかろうじて回避した。 経済は2023年通年で年率1.8%で拡大した。

米ドルに対する日本円の安さは輸出業者にとって有利であり、輸出業者は円に換算すると海外での利益が膨らむと考えている。 しかし、この弱点は、日本が輸入する物品や製品、特に石油とガスのコストの大幅な上昇にもつながりました。

READ  この統計を受けてドル指数は2週間ぶりの高値に上昇。 まだまだ円安ですね