Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

'非常に素晴らしい!' 日本が女子ワールドカップに初出場

'非常に素晴らしい!' 日本が女子ワールドカップに初出場

本の著者

ワールドカーリングメディア

2024 年 3 月 22 日

勝敗記録に関係なく、今週の女子ワールドカップでは日本の若いチームが多くの注目を集めた。 シドニーのセンター 200 の観客は注目していませんが、日本のカーリング ファンも自宅にいます。

「家に帰ると、彼らはワールドカーリングのインスタグラムページを見て、私たちが『クール』だと言います!」 フロントマンの宇野由依はこう語る。

この選手権の日本チームは軽井沢の出身であり、1998年の長野大会でカーリングが現代のオリンピック冬季競技大会に復帰したのだが、それはチームメイトで姉妹の宇野美羽と由衣が生まれる前だった。

スウェーデン、ヨンショーピングで開催された2022年世界ジュニアカーリング選手権大会の日本代表 © World Curling / Cheyenne Boon

チームは世界ジュニアレベルで国際的な経験を積み上げ、過去数年間にメダルレベルやタイトルを獲得する成績を収めています。 つい最近では、オリンピック銀メダリストの藤沢五月らを破り、世界選手権の舞台でデビューを果たした。

チームジャパンには宇野姉妹のほかに、ジュニアチームの金井明日香と涼川萌音もいる。 彼らは、西室裕二監督のもと、アルバータ州グランドプレーリーで開催された2006年世界選手権で2番目で最後に出場した西室順子の夫婦チームによってサポートされている。

より若い経験を生み出す

「私たちは確かにそれを楽しんでいます [the experience]」とミュウは言います。 「どの試合も厳しいですが、チームとして団結して楽しんでいます。」

油井さんは「後輩がいるとチームのレベルが違う。 ここの各チームのレベルは非常に高く、どのチームもそのレベルを活かさないことを待っています。 単純な間違いを犯すと、実際の状況に陥ります。

日本代表チームが他のチームと違う点の一つは、アリーナの観客の規模と熱意です。 美優さんは「日本では試合を見に来て応援してくれるファンがいるけど、ここではたくさんのファンが応援し、サポートしてくれるので本当にエキサイティングです」と語る。

2024年シドニー世界女子カーリング選手権大会における日本 © World Curling / Stephen Fisher

E一秒一秒を楽しむ

グループはカナダとノバスコシア州でも経験を楽しみました。 ミユさんは「私たちは地元のアイスリンクでウォーミングアップをしたり、地元の人々と一緒に練習したりするために早めにここに来ました。みんな温かく迎えてくれて、とても楽しかったです。」と説明しました。

チームがこの体験を再現したいと熱望しているのも不思議ではありません。 美優さんは「また世界選手権に戻りたい。でもチームのレベルが高いので、ミスをしないようにすることと、自分たちの強みを見つけて磨いていかないといけない。経験を活かしていかないといけない」と話した。ここで学んだことも含めて、私たちは得ることができます。

チームジャパンが世界の舞台とシドニーの本拠地でこれほどの功績を残した今、彼らが言いたいことはただ一つ…ありがとう日本。

READ  日本の日経マージンは輸送在庫を押し上げる