Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓国、日本、中国、5月下旬の3カ国首脳会談再開について協議

2019年12月には中国の成都で三国首脳会談が開催された。

  • 韓国、日本、中国
    韓国、日本、中国の国旗。 (中国グローバルテレビネットワーク)

韓国、日本、中国は三か国首脳会談を主催することで合意し、5月26、27日に開催する可能性について協議していると韓国通信が報じた。 聯合 韓国外務省当局者の発言として伝えられた。

「韓国、日本、中国は、すべての関係者が可能な限り早期に首脳会談を開催することで合意した。我々は現指導部、日本、中国と協議している」と同高官は土曜日に同通信が伝えた。

によると 聯合3カ国間の最後の首脳会談は2019年12月に中国の成都で開催された。

新型コロナウイルス感染症のパンデミックと「1910年から1945年の日本の朝鮮半島植民地支配中に強制労働に苦しんだ韓国人への補償問題に関する」日韓関係の悪化により、次の首脳会談は延期されたと同報告書は指摘した。外。

ソウルの統計によると、日本は植民地支配中に約78万人の韓国人を強制労働させたが、これには性奴隷として強制された女性は含まれていない。

生存者団体は長年、日本に対し直接支払いと謝罪を要求してきたが、日本は1965年の関係回復条約に基づいてこの問題は解決したと主張している。 協定の一環として、日本は補償として韓国に8億ドルの補助金と安価な譲歩を提供した。

しかし、韓国が1965年協定で恩恵を受けた地元の主要企業から資金を受け取り、被害者に補償する計画を発表したことで、ソウルと東京の二国間関係回復とその結果としての三者首脳会談への期待が高まった。

聯合 日本の岸田文雄首相と中国の李克強首相が韓国のソウルを訪問し、尹錫悦大統領と会談することが土曜日に確認された。

2023年9月下旬、中国と日本の高官が韓国を主催し、日本、韓国、米国の協力強化について中国政府を安心させることを目的として韓国当局者との三者会談を開催した。 前述の三国首脳会談の再開に伴い、 ロイター

こちらもお読みください: 中国、S. 世界的な緊張の中、韓国はパートナーシップを強化する準備ができている:習氏

READ  シャルル・ルクレールは日本GPで重要な発見があったことを受けて4単語の警告を発した:PlanetF1