Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓国、日本、中国のビジネスリーダーが三国間協力で合意に達する

第8回韓日中ビジネス交流会で共同声明に署名する日本商工会議所の池泰源会頭(中央)、中国国際貿易促進委員会の任弘斌会長(右)、日本経済団体連合会の戸倉正和会長クウェート商工会議所で開催されたサミット。 本社はソウル。
第8回韓日中ビジネス交流会で共同声明に署名する日本商工会議所の池泰源会頭(中央)、中国国際貿易促進委員会の任弘斌会長(右)、日本経済団体連合会の戸倉正和会長クウェート商工会議所で開催されたサミット。 本社はソウル。


大韓商工会議所(KCCI)が実施した調査によると、韓国、日本、中国のビジネスリーダーらは、自国間の経済協力の必要性について合意に達したという。 この調査には、5月27日に開催された第8回韓日中ビジネスサミットに出席したCEO136人の回答が含まれており、こうした協力の利点について強い同意が得られたことが明らかになった。


調査の結果、経済協力の必要性については、調査参加者136名全員が同意しており、82.4%が「非常に必要」、17.6%が「やや必要」と回答した。 感情は中国の CEO の間で最も強く、91.3% が絶対に必要であると考えており、次いで韓国の CEO が 84.8%、日本の CEO が 70.5% でした。


ビジネスリーダーは、経済協力の拡大によるさまざまなプラスの効果を期待しています。 参加者の 65.4% がコラボレーションが経営に利益をもたらすことに強く同意し、34.6% が同意しました。 中国の CEO が再びこれらの予想を上回り、67.4% が強い同意を表明し、次いで韓国の CEO が 65.2%、日本の CEO が 63.6% となった。


経済協力によって期待される効果としては、経済活性化(47.8%)、サプライチェーンの安定(41.2%)、少子高齢化問題の緩和(5.9%)、第三国への進出(5.1%)などが挙げられる。 韓国と日本のビジネスリーダーは主に経済活性化を期待しており(それぞれ84.8%、54.5%)、中国のビジネスリーダーは主にサプライチェーンの安定を期待している(84.8%)。


この調査では、経済協力の最も優先される分野も明らかになった。 気候変動への対応が33.8%でトップとなり、次いで金融・金融協力(19.9%)、医療協力・高齢化への対応(19.1%)、デジタル協力(16.9%)、災害対応・安全(10.3%)が続いた。 。 韓国は金融・金融協力を優先(26.1%)、日本は気候変動への対応を優先(54.5%)、中国は医療協力と高齢化への対応を優先(30.4%)。


調査では、経済協力を活性化するために必要な取り組みがいくつか挙げられている:民間部門間のコミュニケーションと交流の拡大(52.9%)、政府レベルでの外交協力の強化(25.0%)、共同研究開発と技術交流の拡大(15.5%)、共同プロジェクトの拡大。 第三国(6.6%)。 3か国は総じて、民間部門における接触と交流の拡大が最も必要な取り組みであると考えており、韓国は52.2%、日本は68.2%、中国は39.1%となっている。


クウェート商工会議所のパク・イルジュン副会頭は、「三国の主要CEOらは経済協力の必要性とそのプラスの効果についてほぼ満場一致で一致している」と述べ、CEOたちの強い合意を強調した。 」 調査で明らかになった優先課題と期待される利益を実行するため、クウェート商工会議所は三国間の民間経済協力のための作業部会を設立する計画だ。


ソウルのKCCI本部で開催された第8回韓日中ビジネスサミットには、KCCI会長のチ・テウォン、中国国際貿易促進委員会のレン・ホンビン会長、日本経済団体連合会会長などの主要人物が一堂に会した。戸倉正和君。 。 この首脳会談は三国間の対話と協力を強化することを目的としており、共同声明の署名と記念写真撮影で最高潮に達した。

READ  ビジネスリーダーらは韓国と日本向けのEU型単一市場の構築を検討している