Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓国、日本、中国のCEOらは経済協力の強化を望んでいる

韓国、日本、中国のCEOらは経済協力の強化を望んでいる

大韓商工会議所が日曜日に実施した最近の調査では、韓国、日本、中国のビジネスリーダーらが経済関係強化の必要性について満場一致で一致し、経済活性化とサプライチェーンの安定に最大の期待を寄せていることが明らかになった。

これらの結果は、5月27日にソウルで開催された日中韓ビジネスサミットで実施された現地調査から得られたもので、136人のビジネスリーダーが経済協力に関する意見を回答した。

この調査は、経済協力における三国の共通の利益を浮き彫りにした。 具体的には、回答者の82.4%が「必ず必要」、残りが「やや必要」と考えており、中国人CEOが91.3%で最も高く、次いで韓国人84.8%、日本人70.5%となっている。

多国間協力によって期待されるプラスの効果については、参加者の65.4%がそのメリットに「強く同意」し、残りは「同意」した。

経済協力によって期待される効果はさまざまだった。 韓国のCEOは84.8%が「経済活性化」を支持したが、日本のCEOは54.5%が支持した。 これに両国の「サプライチェーンの安定性」が続き、韓国のCEOの10.8%、日本のCEOの27.3%が選んだ。 中国のCEOは84.8%が「サプライチェーンの安定」を優先しており、「経済活性化」に重点を置いているのは4.3%、少子化と高齢化社会に関連する問題の緩和に8.7%しか重点を置いていない。

協力のための最も重要な課題については、日本のCEOの大多数が気候変動への対応を強調しており(54.5%)、一方、韓国のCEOは気候変動を23.9%、金融セクターを26.1%とほぼ同等に優先している。 中国のCEOは30.4%が医療協力と高齢化への取り組みを強調し、23.9%が気候変動に続いた。

民間レベルでの接触と交流の拡大が経済協力強化に最も必要な取り組みであるとの認識で3カ国は一致し、52.9%がこれに回答した。 続いて外交協力を25%強化し、技術交流を15.5%拡大した。

大韓商工会議所のパク・イルジュン常務副会頭は「3カ国のトップの間で経済協力の必要性と利点についてほぼ完全な合意が得られた」と述べた。 「私たちは各国の優先課題と予想される影響に対処するため、諮問機関を設立し、共同研究プロジェクトを展開する予定です。」

5月27日のイベント中に、主催者の大韓商工会議所、日本経済団体連合会、中国国際貿易促進委員会は、三者構成の民間諮問機関の設立を含む経済協力を推進する共同声明を発表した。

READ  円安は日本経済に影響を与える