Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓国、米国、日本が経済安全保障対話でサプライチェーンと新興技術について議論

韓国、米国、日本が経済安全保障対話でサプライチェーンと新興技術について議論

6月4日にサンディエゴの国際バイオカンファレンスで開催されるBio USA 2024カンファレンスに出席する王允中(左から3人目)大統領経済安全保障担当秘書官。 聯合

大統領府によると、韓国、米国、日本は木曜日(現地時間)、サンディエゴで経済安全保障対話を開催し、サプライチェーンや新興技術に関する協力について話し合った。

第4回対話セッションには、王允中大統領経済安全保障担当秘書官が出席した。 ホワイトハウス国家安全保障会議技術・国家安全保障担当シニアディレクター、タルン・チャブラ氏。 そして彼らの首相官邸のカウンターパートである高村康夫氏。

三者は、事務所間のサプライチェーン早期警戒システムが効果的に導入されていると評価し、重要な鉱物分野での共同投資プロジェクトを検討することで合意したと事務所は述べた。

また、基礎的な新興技術の分野における共同研究プロジェクトを特定し、技術保護当局間の情報交換を通じて協力を強化することでも合意した。

参加者は韓国が先月AIサミットを主催したことを歓迎し、セキュリティを強化しイノベーションを促進するために世界的なAIガバナンスに関する議論を継続することで合意した。

彼らはデータセキュリティの問題を共有し、主要なインフラストラクチャセキュリティポリシーを調整することを約束しました。

同事務局によると、三者チャネルの次回会合は今年後半に開催される予定だという。 (聯合)

READ  ウォール街はツイッターでより高く開き、結果に焦点を当てる