Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓国と日本、戦時中の労働争議で歴史的な合意に近づく – メディア

韓国と日本、戦時中の労働争議で歴史的な合意に近づく – メディア

[ソウル/東京 23日 ロイター] – 韓国と日本は、植民地時代の強制労働問題の解決に近づいている可能性があり、韓国と日本の間の政治および貿易関係に影を落としている。

日本の共同通信社は、無名の外交筋の言葉を引用して、韓国政府が月曜日の朝、1910年から1945年まで日本の占領下で強制労働させられた人々への補償をめぐる歴史的および法的論争を解決したと発表する予定であると報じた. .

労働争議と、日本軍の売春宿に強制収容された女性をめぐる論争は、米国の重要な同盟国である 2 つの間の関係を何年にもわたって悪化させてきました。

合意について尋ねられた韓国外務省は、交渉は進行中であると述べた。

「政府は、韓国と日本の共通の利益に合致する合理的な解決策にできるだけ早く到達するために、あらゆるレベルの外交当局の間でさまざまな方法で協議を続けている」と声明で述べた。

最新のアップデート

さらに 2 件のストーリーを表示

日本の内閣府と外務省は、電話と電子メールでコメントを求めたが、現時点では返答していない。

韓国の最高裁判所が2018年に日本企業に元強制労働者への補償を命じた後、関係は数十年で最低点まで悪化した. 15人の韓国人がそのような訴訟に勝ったが、誰も補償されていない.

論争はビジネス論争に波及した. 日本は、賠償問題は以前の条約の下で解決されたと主張した。

「任意」基金、トップ

ソウル市は1月、韓国の公社を通じて元強制労働者に補償する計画を発表した。 この提案は、韓国の裁判所が賠償金の支払いを命じたものを含め、日本企業からの寄付が含まれていなかったため、被害者とその家族からの反発を引き起こした.

共同通信によると、日本は企業が財団に「自発的に」寄付することを許可する可能性があり、両国政府は今月、韓国のユン・ソクヨル大統領の来日を目指している.

韓国の聯合通信は、無名の政府筋を引用して、ソウルと東京が協定の一環として学生のための奨学金を後援する「未来の若者基金」を設立することに原則的に合意したと述べた。

報告書によると、この基金は、韓国の主要な企業ロビー団体である韓国産業総連合会と、日本のカウンターパートである経団連によって共同で設立される予定である。

日本の日経は、韓国の機関が日本に代わって補償金を支払うと報じ、日本側は前政権が行った謝罪と反省の表明を認めるだろう。

日本の読売新聞は土曜、岸田文夫首相が、日本の植民地主義に対する謝罪を含む、戦時中の強制労働に関する以前の発言を延長すると言う予定であると報じた。

同紙は、韓国が貿易紛争に関する世界貿易機関への訴えを撤回する合意の一環として、東京が主要な電子部品の韓国への輸出に対する制限を解除する可能性があると報じた。

5月に就任した保守党の尹氏は、日本との関係改善を約束した。 9月、岸田首相は2019年以来初となる両国間の首脳会談を行った。

婉曲的に「慰安婦」と呼ばれる戦時中の売春宿に強制的に収容された韓国人女性をめぐる論争で、「取り返しのつかない形で」請求を解決するはずだった2015年の合意は、複数の被害者からの反発を受けて崩壊した。

ソウルのジョシュ・スミスと東京のロッキー・スウィフトによる追加レポート。 ウィリアム・マラード編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  億万長者イリノイ州知事 J.B. プリツカーが贅沢に贈ったものの中には、酒、ビーズ、美術品などが含まれる。