Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓国のケミカルタンカーが日本で転覆、8人死亡

韓国のケミカルタンカーが日本で転覆、8人死亡

韓国のケミカルタンカーで船員8人死亡、2人行方不明 ソン・ギョヨン水曜日、西日本の山口県沖で荒天により転覆した。

全長68メートルのタンカーは当初、悪天候のため停泊していた。 しかし、水曜日の朝までに船は大きく傾き、救難信号が出されたと伝えられている。 事件当時、乗組員は計11人が乗っていた。

日本の公共放送NHKは、これまでに乗組員9人が救助され、うち8人の死亡が確認されたと報じた。 残りの乗組員2名の捜索・救助活動が継続中である。

当局者によると、生き残った乗組員1人はインドネシア出身だった。

キョンソン氏は事件当時、980トンのアクリル酸を運んでいたと伝えられている。 幸いなことに、これまでのところ漏れは検出されていません。

国際海事機関(IMO)のアルセニオ・ドミンゲス事務総長は声明の中で、この事件で人命が失われたことに悲しみを表明し、海上保安庁の捜索救助チームの努力に感謝の意を表した。

「ご遺族とIMO家族全員に心よりお悔やみを申し上げます。

ドミンゲス氏は「やがて、事故に関する調査報告書は検討のためにIMOに提出されるべきだ」と述べた。

Equasys のデータによると、この船は韓国の Kyoyong Shipping によって所有および運航されています。 この船は 1996 年に建造され、重量は 1,168 トンです。

経営陣からの毎月の洞察

厳選された毎週の「ディスパッチ」メールで膨大な情報を要約してください。 これは単なるニュースレターではありません。 これはあなた自身の海での出会いです。

READ  日本沖で転覆した観光船により、少なくとも10人が死亡、16人が行方不明となった