Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓国のメンタル ヘルスケア プラットフォーム Mind Café が日本市場に参入し、「マインドフルネス」のニーズを開拓

韓国No.1のメンタルケアプラットフォームを運営する韓国のスタートアップAtomers マインドカフェ 150 万人の会員を擁する同社は、日本のユーザー向けに初のグローバル サービスを開始したことを発表しました。 匿名メンタルヘルス コミュニティ/非対面サービスは、3 か月前からパイロット サービスを開始しました。 1 日平均約 100 件の助言投稿がアップロードされ、その可能性が評価されました。

日本の早稲田大学が実施した調査によると、心と心の健康と価値を重視する「マインドフルネス」の概念は、日本社会で大きな関心を集めています。 調査によると、2020年に450億円の市場規模は、2023年には2500億円に達するという。 同調査では、月に1回「マインドフルネス」を実践していると回答した200万人を除くと、「マインドフルネス」に興味を示した人は900万人。 アトマーズは、「目覚め」という概念に興味を持っている可能性を利用して、日本人が最近直面している心理的困難に対処したいと考えています.

Atomosのキム・ギュテ最高経営責任者(CEO)は、「文化的な匿名性に対する需要と心理カウンセリングに対する満たされていないニーズが、日本に真剣に参入する主な理由となっています。 「ここ数年、韓国でスマートフォンベースの非対面心理カウンセリングプラットフォームを構築してきたノウハウにより、日本の高位層にアピールするサービスを提供できるとの結論に至りました。認知行動療法(CBT)に基づく科学的方法論と高度な情報通信技術の実用化を組み合わせた当社の技術が、日本で有意義な結果をもたらすと確信しています。

一方、「マインドカフェ」は利用者数、専門家数、売上高、累積投資額、企業価値など、韓国メンタルヘルスプラットフォーム第1位の実績を誇っている。 株式会社アトマーズは、シリーズBで単独投資としては最大の200億ウォンを獲得することに成功した。 昨年5月には、革新的な技術と創造的なビジネスモデルで韓国信用保証基金の次世代ユニコーン企業として成長を支える「イノベーションアイコン」企業にも選ばれました。

また、読んで、

あなたの考えは何ですか?

+1

賛成する

+1

拍手

+1

拍手

+1

燃えている

+1

ええ

+1

拍手

+1

READ  iPhone遠隔監視ツール