Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓国の専門家は、汚染された福島の水に対する懸念を退けます

韓国の原子力専門家グループは月曜日に、影響を受けた日本の福島第一原子力発電所から太平洋に浄化された放射性水の計画された放出についての懸念を却下した。

韓国原子力機関(IAEA)は、東京電力ホールディングスの工場からの水排出による韓国への影響は日本よりはるかに少ないと述べています。

プラント運営者のデプコが貯蔵した放射性水を計画外に1年以上放出したとしても、韓国人が受ける放射線レベルは、予想される30〜40年ではなく、最大3億に達する。 社会によると、人体。

工場では、会社が溶解炉を冷却するために水を使用し、地下水が損傷した建物に流入するため、放射性水は増加し続けています。

東京電力は、汚染された水を浄水器で処理してから保管しています。 しかし、機器はトリチウムを除去できません。

日本政府は今月、貯蔵水が希釈された後、デポを海に放出することを許可することを決定しました。 この決定は、韓国や他の日本の隣国に懸念を引き起こしました。

韓国の市民団体による日本の厳しい批判についてコメントし、核共同体が政治目的で放射線を増加させることへの恐れは、漁業や他の事業に損害を与える自発的な行動につながる可能性があると述べた。

コミュニティは韓国政府に政治的または感情的に行動しないように促し、科学的事実に基づいた問題の実際的な解決策を求めた。

日本については、東京が一方的に十分な情報や説明を提供していなかったことに、コミュニティは遺憾の意を表明した。

コミュニティは、日本政府は近隣諸国の人々が被った精神的および肉体的危害について深く謝罪し、これらの国々に対してより大きな懸念を示すべきであると述べた。

誤った情報と過剰な情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本はプログラムにバックリンクし、人々がCOVID-19ワクチンを選択できるようにします