Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓国のIOCメンバーであるリオがCOVID-19の検査で陽性

韓国のリョウ・スンミンは、2011年5月12日にロッテルダムで開催された世界卓球選手権の男子第4ラウンドシングルスの試合で、中国のワンハオと対戦します。REUTERS/ Robin van Longhuisen(オランダ-タグ:卓球スポーツ)

東京(ロイター)-国際オリンピック委員会の韓国人メンバーは、オリンピックのために東京に到着した後、新しいコロナウイルスの検査で陽性を示し、隔離されました。

男子シングルスの卓球で2004年に金メダリストを務めた柳承敏は、土曜日に成田国際空港に上陸した後、ウイルスと診断された。

「IOCは、IOCメンバーのリョウ・スンミンが日本に到着したときに、COVID-19検査の結果が陽性であると知らされた」とIOCの広報担当者はロイターに語った。

「彼は現在隔離施設にいて、日本の当局が彼が彼の部屋を出ることができると決定するまで彼は留まるでしょう。

「IOCは、すべての議定書が正しく守られ、事件が明らかになったと聞いて安心しました。彼が迅速に回復することを願っています。」

土曜日のオリンピック主催者は、アスリートの村でのCOVID-19の最初の症例と、来週から始まるオリンピックに関連する別の14の新しい症例を報告し、「安全で確実な」イベントの約束について新たな疑問を提起しました。 続きを読む

IOCのアスリート委員会のメンバーであるリオは、日本に旅行する前に2回陰性をテストしたと言いました。

「私は完全に無症候性であり、予防接種を受けたという事実に関係している可能性があります」と、リョウは後に削除されたソーシャルメディアの投稿で言ったと地元の韓国メディアによって引用されました。

「組織委員会、ここ日本での主催者、そして国際オリンピック委員会にご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。私の場合は、私たちすべての仕事を保護するためのシステムが整ったことのさらなる証拠です。」

2020年の試合は、世界的大流行のために1年間延期され、ほとんどの場合、観客なしで厳格な検疫規則の下で開催されます。

(SudiptoGangulyとCarlosGrohmannによる報告); KimCoogleによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  プレミアリーグのテレビの権利:今後のオークションをキャンセルするための交渉