Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓国は、日本占領下の戦時労働に関する組織の最初の会談を開催します

韓国は月曜日、朝鮮半島の日本の植民地支配の間に戦時中の労働問題を解決するために設立された官民組織の最初の会議を開催したと述べた。

外務省は、「政府は、戦時中の強制労働やさまざまな分野の問題に直接関与している人々の意見に耳を傾け、正しい解決策を見つけるために継続的な努力をしている」と述べた。 報告。

同省によると、日本企業に対する補償訴訟で勝訴した韓国の原告の専門家や弁護士は、会議でこの問題について意見を述べるよう求められる。

先月、地元メディアは、原告が押収された日本企業2社の資産を清算することを防ぐために官民の取り決めが確立されると報じた。 東京が数十年前に解決された問題を考慮しているので、日本は解散に抵抗しました。

韓国の原告を代表する弁護士は、朝鮮半島での日本の植民地支配の間に戦時中の労働問題を解決するために韓国によって設立された官民組織の会議に先立って、2022年7月4日にソウルで記者団に話しかける。 (京都)

官民組織の会合は、5月10日に就任し、日本との関係を改善したいという強い願望を表明した韓国の尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領の政府による最初の動きでした。

月曜日の会議に出席した原告の弁護士の何人かは、省が8月までにできるだけ多くの意見を集めようとしているように見えるので、今月後半にさらに1つか2つの会議が開かれる可能性があると述べた。

会談後のブリーフィングで、弁護士は「実を結ぶかどうかはまだわからない」と述べた。

2018年の韓国最高裁判所の判決は、日本製鉄と三菱重工業株式会社に、1910年から1945年までの日本の植民地支配下での強制労働について韓国の原告に補償するよう命じた。

植民地支配に関連するすべての問題が1965年に日本と韓国によって署名された合意の下で「完全にそして最終的に」解決されたという日本政府の立場を観察して、会社は賠償命令に従わなかった。

文在寅前政権下の戦時労働問題と日本の戦時中の売春宿で働くことを余儀なくされた韓国人女性を中心とした韓国と日本の関係。


関連するカバレッジ:

韓国、日本は未解決の問題を解決するために協力しなければなりません:ユン

日本と韓国の首脳が初めて直接会う

ユン、韓国大統領がNATO首脳会合に出席するのは初めて


READ  日本の美馬イドが卓球シングルス準決勝に進出、石川が退場